| お問い合わせ | ご利用にあたって | 

ホームへ

 


             
2019年8月の滑稽句
*今月の特選句・秀逸句以外の佳句を青字で表示しています。

跪づきじっと見つめる蝶の羽化 相原共良
たかが蚊の一匹に安眠を妨害 相原共良
羽抜鶏ペットで満たす支配欲 青木輝子
古妻が八つ当たりする梅雨末期 青木輝子
天と地とダブルパンチの炎天下 青木輝子
首相の椅子社長の椅子の梅雨湿り 赤瀬川至安
夏風邪に殺られつ放し馬の骨 赤瀬川至安
ところてん犬に人格ありにけり 赤瀬川至安
ががんぼや優男(やさを)の背(せな)にしがみつき 荒井 類
茅舎忌や帽子屋きちんと接客す 荒井 類
男根崇拝の社殿詣か夏の蝶 荒井 類
枇杷熟れる青いでべそを覗かせて 井口夏子
蛞蝓のお漏らしをして光るとは 井口夏子
蚊に食はれやさしく掻けばいいものを 井口夏子
父の日や脛かじり尽してもやしっ子 池田亮二
跳んだり蹴ったりの筋骨をかくし浴衣美女 池田亮二
虫かごにこぞって足出る蛙の子 石塚柚彩
ウォーキングはたと鳴き止む田の蛙 石塚柚彩
足元に藍の朝顔山手線 石塚柚彩
冷し中華始めましたと書く仲夏 伊藤浩睦
出水川徒渡りして避難所へ 伊藤浩睦
あめんぼう空を忘れて水の上 稲沢進一
とりあへず西瓜の種の置きどころ 稲沢進一
秋祭いずれ農継ぐ家もなし 稲沢進一
来客に手抜きですがと冷汁を 稲葉純子
暑中見舞の四文字硬き明朝体  稲葉純子
破れ傘雨を漏らしてをりにけり 稲葉純子
頭痛して気象病らし雷雨くる 井野ひろみ
夏負と多弁に語るお婆様 井野ひろみ
短夜の眠りの深きまだ眠し 井野ひろみ
女達よ蝶となるんだ高齢時代 上山美穂
夏暁カラスは希望の声で鳴き 上山美穂
梅雨の夜の雨漏りメトロノームめき 上山美穂
一汗のあとにこそある涼しさよ 梅岡菊子
ステップはシャルウイダンス羽抜鶏 梅岡菊子
歯を剥きだしの鬼百合の威嚇かな 梅岡菊子
梅雨空をつき刺してゐる蚕豆よ 梅野光子
宵闇の茅の輪をくぐる下駄の音 梅野光子
縁台や三ツ矢サイダーストローで 梅野光子
ファーブルの眼真っ直ぐふんころがし 太田史彩
折り紙の蕾開きて桔梗咲く 太田史彩
クリムトの接吻の金風光る 太田史彩
百年を伸ばしてみよと亀鳴けり 大林和代
夏富士やレースの前の験(げん)かつぎ 大林和代
闇の蚊と一対一の意地くらべ 大林和代
容姿にうっとり伊万里焼の風鈴の 小笠原満喜恵
青石の句碑のとこしへ桐の花 小笠原満喜恵
初西瓜種も飲み込み舌鼓 小笠原満喜恵
更衣魔法の杖をひとふりの 岡田廣江
雀の子二三羽遊ぶ線路のうえ 岡田廣江
月光に照らされ艶艶柿若葉 岡田廣江
胃カメラを呑んで梅雨間の憂さ晴らし 小川飩太
七月になっても欲しい物に金 小川飩太
蚊一匹に翻弄される男かな 小川飩太
花菖蒲勝負忘れて孤高なり 奥脇弘久
初鰹すでに値引の札貼られ 奥脇弘久
梅雨晴間世界の顔の揃ひ踏み 奥脇弘久
蚊帳の夜幼き日々の声のして 加藤澄子
星のことは「はやぶさ」まかせ忘れ梅雨 加藤澄子
ほうたるや順番を待つもらひ風呂 加藤澄子
野の枇杷を接待なりといただきぬ 金城正則
慰霊の日にがき泡盛がぶ飲みす 金城正則
梅雨寒や夕方からの値引き待つ 金城正則
かぶと虫争ふ夜の腰ひかる 久我正明
百匹が一度に鳴くよ鈴虫は 久我正明
黒揚羽姥捨山に連れてって 久我正明
立つも良し浮かぶも宜し未草 工藤泰子
唐黍を聖火のやうに掲げ持つ 工藤泰子
油虫産むな増やすな地を這うな 桑田愛子
アナナスに仇なすなかれ水をやる 桑田愛子
夏蝶の屋根を超えゆく翼かな 桑田愛子
だぶだぶは兄のおさがり更衣 小林英昭
蛇の腹ぷくりふくれて食事中 小林英昭
ぺつたりと尻を畳にあつぱつぱ 小林英昭
水槽の金魚挨拶尾を振るわ 近藤須美子
芍薬の蕾つぎつぎ庭飾る 近藤須美子
シャキシャキの音たて朝採りの胡瓜 近藤須美子
海の日に山の便りが来たりけり 下嶋四万歩
七夕竹あまた願ひに困り果て 下嶋四万歩
赤壁の熱きたたかひかき氷 下嶋四万歩
何時よりかかかあ天下や三尺寝 白井道義
父の日の父に女難の武勇伝 白井道義
神ほとけ食ひ物にして蟻地獄 白井道義
ラフマニノフその瞑想にラベンダー 水夢
さくらんぼむすんでひらくやや児の手 水夢
梅雨籠り駅前自転車預り店 鈴鹿洋子
郭公のスタッカートのこだまかな 鈴鹿洋子
神と仏と私の居場所畳の室 鈴木和枝
田植機の腕はのの字を書き進む 鈴木和枝
腰痛体操あじさいの吐息に合わせたい 鈴木和枝
白扇や少し知恵出す半開き 髙田敏男
残業に泡と消えゆくビールかな 髙田敏男
風鈴は小銭の音よ寂しけれ 髙田敏男
生御霊ませば古希我若奥さん 高橋きのこ
立葵一日五便のバスを待つ 高橋きのこ
白シャツの裾は出そうか入れようか 龍田珠美
うちの猫網戸一気にかけのぼる 龍田珠美
梅雨晴を遊具は少し揺れて待つ 龍田珠美
つばめの子飛ぶ練習を繰り返し 田中 勇
高齢の月下美人に恋をする 田中 勇
袈裟斬りにされてしまひぬ今年竹 田中早苗
帰り道釣果とすべき秋刀魚買ふ 田中早苗
ささやかな憂さ晴らしなるしゃぼん玉 田中早苗
皇后陛下の装束の色柿若葉 田中晴美
つる薔薇や古屋に磨きかけている 田中晴美
麻の服皺を着こなすお洒落かな 田中晴美
金亀子死んだふりする芸達者 田村米生
ミサイルにはイージスアショアより草矢 田村米生
サングラス妻と気付かず道ゆづり 田村米生
蛇苺橋梁工事の現場前 月城花風
苔茂る石段滑り帰ろうか 月城花風
黒南風の踊る街中傘降参 土屋泰山
西瓜買いスイカ落としてすっからかん 土屋泰山
扇子ほどセンスよいもの知らなんだ 土屋泰山
好まざる音楽は黒南風のごと 土屋虹魚
脂ぎる貌で頬張る鰻かな 土屋虹魚
蝉が鳴くあわてないでよ梅雨はまだ 坪田節子
なめくじの喉のからから旱梅雨 坪田節子
雨模様なめくじの気分となつてゐる 坪田節子
忙妻はプラスアルファさくらんぼ 飛田正勝
打(ぶ)つ掛けを掻つ込むけふの暑さかな 飛田正勝
丑の日や見た目蒲焼まあいいか 飛田正勝
幽霊の浴衣はらりと消えにけり 西をさむ
月下美人君はあの頃若かった 西をさむ
触れられて恥ずかしそうに含羞草 西をさむ
蛇進むすべ知らぬまま還暦に 花岡直樹
七夕と違い毎日ビール飲む 花岡直樹
萼愛でること紫陽花愛でるとは 林 桂子
退屈のカラスのあーあ梅雨の空 林 桂子
桜葉の虫食ひ穴より夏陽かな 林 桂子
ルナールの蛇のぼさんの俳句かな 原田 曄
平手打ちして合歓の花起こしやる 原田 曄
更衣鏡の五体ちと不満 原田 曄
割り勘てふビール飲む人飲まぬ人 久松久子
青鷺に一瞥されて電話切る 久松久子
警官を誘惑したる小判草 久松久子
目高にも個性あるぞと胸を張り 日根野聖子
父らしき母らしき顔に夏燕 日根野聖子
柿古木青葉若葉の更衣 廣田弘子
梅雨入や雨粒弾む傘弾む 廣田弘子
黒揚羽夕陽をまとひワルツかな 廣田弘子
初蝶をスクロールして追ひかける 藤森荘吉
草木の影法師にもとまる蝶 藤森荘吉
雨しとど小首傾げる七変化 細川岩男
思惑は梅雨空の如G二〇 細川岩男
ずぶ濡れも我慢為所梅雨最中 細川岩男
忍術か科学技術か水すまし 堀川明子
天麩羅を揚げる母さん玉の汗 堀川明子
溝浚五十六十は若いうち 本門明男
杣人の仕事は帰りの山女釣 本門明男
六月サミット探るつもりか脱走猿 南とんぼ
しどけなく皿に残され桃の種 南とんぼ
郭公に話の腰を折られけり 南とんぼ
ミステリー紙魚終章で走り逃ぐ 峰崎成規
土用波離脱で揺らぐ株為替 峰崎成規
吾が修羅を知るや臍の緒土用干 峰崎成規
非常ベル鬘忘れし熱帯夜 椋本望生
豚足と親父ギャルらと焼酎と 椋本望生
団扇持てばばはそのまま天国へ 村松道夫
日雷うたれてみたい籠の鳥 村松道夫
サングラスかけて娘よ母似なり 村松道夫
願ぎ事を斜めに書いて星祭 村山好昭
かかる日はみな炎帝に無抵抗 村山好昭
守宮出づ我が世可もなく不可もなく 百千草
妹に背丈越さるる額の花 百千草
ほきと鳴る腰骨辺り夜の秋 百千草
行く先は糠床の中夏野菜 森岡香代子
ひまわりはくびをかしげる癖がある 森岡香代子
麦藁の香り確かめ夏帽子 八木 健
いくつかは数へて食べるさくらんぼ 八木 健
合歓の葉をお昼寝させるのが特技 八木 健
蝉生まるセミファイナルと呼びにけり 八洲忙閑
水鉄砲だまし撃ちする無鉄砲 八洲忙閑
梅雨ぐもり飛行機直下とびの飛び 八洲忙閑
短夜のためにプリンを買つてある 八塚一靑
炎天に寝そべる雲は白いまま 八塚一靑
骨董を後ろ盾にし油虫 柳 紅生
ひとり碁の涼しく裏の裏を読む 柳 紅生
ゴキブリの畳の上で死ぬ望み 柳 紅生
梅雨の入うっかり転倒骨にひび 柳澤京子 
病状を見舞うがごとく七変化 柳澤京子
大輪の百合の堂々咲きほこる 柳澤京子
梅雨時の渇水のちの恐ろしき 山下正純
お遍路や緑まぶしき一草庵 山下正純
蟷螂に屈めば蟷螂の目くばせ 山本 賜
旧式の厠の隣の夏座敷 山本 賜
百均でなくても百円布袋草 山本 賜
早乙女にぴったり腰が村中に 横山喜三郎
艶聞も咲かせて老いの花筵 横山喜三郎
青梅は落ちてここよと香を放つ 横山洋子
お化粧の途中までなり半夏生 横山洋子
うたた寝の夢に登場サクランボ 横山洋子
花菖蒲夜の銀座の艶をして 吉川正紀子
蛙の合唱リーダーの居るらしく 吉川正紀子
溺愛の果ての身命鉦叩 吉原瑞雲
揺るぎなき世となれ令和ラムネ抜く 吉原瑞雲
二人して財布を忘れ夜店かな 渡部美香
幼子に悲鳴あげさせ揚羽蝶 渡部美香
でで虫の居座るごとく片頭痛 渡部美香
忍び足の目高泥棒転倒す 和田のり子
いそいそと目高の親となりし夫 和田のり子