| お問い合わせ | ご利用にあたって | 

ホームへ

 


             
2017年7月の滑稽句

【佳作】 蟻地獄年中追われる火の車 青木輝子
六月や値上げの波が押し寄せる 青木輝子
イケ面の尻ごみをする油虫 青木輝子
   
夏日浴ぶ州浜の岩に亀親子 青山桂一
【佳作】 手入れせし庭にひとやま春落葉 青山桂一
切岸の連らなりゐたる青岬 青山桂一
   
スキンヘッド未だ光らず花粉症 赤瀬川至安
【佳作】 昼寝からそのまゝ家人就寝す 赤瀬川至安
蟇蜥蜴蝙蝠蛇蝮 赤瀬川至安
   
初夏ルルル市民ランナー脚走ル 荒井良明
乙222カルガモ親子まちをゆく 荒井良明
【佳作】 インド知らぬインド孔雀や夏の雨 荒井良明
   
【佳作】 夜の顔少し遠ざけサングラス 井口夏子
向日葵は日輪さんの申し子よ 井口夏子
かき氷こぼして今の暮らし向き 井口夏子
   
【佳作】 三保の浜天女羽衣を脱ぐ迂闊 池田亮二
母の日や子ばなれできぬ慈母観音 池田亮二
   
紫陽花やホームの父のとんちんかん 石塚柚彩
【佳作】 百までは生きると豪語生身魂 石塚柚彩
百歳を待たず父逝く夏の露 石塚柚彩
   
退院や娑婆新たなり夏の風 泉 宗鶴
【佳作】 雷神様に成りたるここちエムアールアイ 泉 宗鶴
夏の男腎臓痛めし前立腺 泉 宗鶴
   
新茶飲む減塩減酒減砂糖 伊藤浩睦
かなづちの金魚が溺死してをりぬ 伊藤浩睦
【佳作】 この川に川止は無し三途川 伊藤浩睦
   
名は体を態は育ちか金亀子 伊藤洋二
【佳作】 孑孑に生まれてもその生命かな 伊藤洋二
人の道如何在るべきや道をしえ 伊藤洋二
   
まな板にピーマン種を汚しけり 稲沢進一
玄関に愛あるかたち熱帯魚 稲沢進一
【佳作】 一日をあつと言ふ間の夕立かな 稲沢進一
   
【佳作】 所有権は雑草にあり夏の庭 稲葉純子
昇天や蝉の殻めくマイナンバー 稲葉純子
   
気付かずに新茶飲む夫もったいなし 井野ひろみ
回覧板新茶出されて長話 井野ひろみ
【佳作】 子燕の糞的確に巣の外へ 井野ひろみ
   
心太冷麺我慢のダイエット 上山美穂
【佳作】 夜の風にはっくしょんてふ薄暑かな 上山美穂
夏の夜の自転車ひとりごと連れて 上山美穂
   
落書の相合傘や梅雨の寺 氏家頼一
【佳作】 サングラス額にかけてカメラマン 氏家頼一
   
威張りをるなり省エネの扇風機 梅岡菊子
菓子パンの渦巻きまいまいに似ています 梅岡菊子
【佳作】 ほうたる登場真闇のステージに 梅岡菊子
   
梅雨の傘色とりどりのカーニバル 梅野光子
【佳作】 仏前の切子に光りサクランボ 梅野光子
花菖蒲色のとりどり天仰ぐ 梅野光子
   
老人のころころ笑ふ更衣 越前春生
めくるめく過去もありたる心太 越前春生
【佳作】 尼僧とて寺をかけもつ青嵐 越前春生
   
【佳作】 鳥交る声の最中を書の稽古 太田史彩
猫の子の百面相にニャーと鳴き 太田史彩
さみだれを「失楽園」の切手かな 太田史彩
   
【佳作】 梅雨晴れに腐る心を干しており 岡野 満 
心太つるりと箸を滑り落ち 岡野 満 
ごきぶりへ乱れ打ちする妻乱れ 岡野 満 
   
【佳作】 頭以外悪い所無し風薫る 小川飩太
梅雨の入り勿体ぶって小出しする 小川飩太
   
【佳作】 狂ひ咲く自由も欲しや時計草 加川すすむ
釣堀や虜の魚の舌も肥え 加川すすむ
   
【佳作】 梅雨入を一斉連絡する蛙 加藤澄子
田水配る社員配属するごとく 加藤澄子
子を抱き蛍の村へ帰るかな 加藤澄子
   
江の電に生れしばかりの蚊の入り来 川島智子
朗朗と老鶯の音に片思ひ 川島智子
【佳作】 暴風の予報に急ぎ牡丹剪る 川島智子
   
風向きがこちらに変わりしゃぼん玉 久我正明
海と空かき混ぜ泳ぐ手足かな 久我正明
【佳作】 真ん中の破れる恋の夏帽子 久我正明
   
【佳作】 堆積の糞も太りて燕の子 工藤泰子
巻き舌のアールルルルル夏燕 工藤泰子
点と線時の日に見る時刻表 工藤泰子
   
【佳作】 身ぐるみを剥がされ粽(ちまき)白い肌 桑田愛子
断捨離もせずに楽しむ大夕焼 桑田愛子
   
寝返りに特に意のなき籠枕 小林英昭
【佳作】 いちやつけるふたりに蚋(ぶよ)の嫉妬心 小林英昭
   
落梅や車に轢かれ音のみ泣く 佐野萬里子
【佳作】 青田中モザイク画なす麦の秋 佐野萬里子
   
【佳作】 大軀(く)して蚊の鳴くやうな負け角力 下嶋四万歩
玉葱に泣かされてゐる武骨顔 下嶋四万歩
   
燥(はしゃ)ぎ過ぎ矢車尾取る鯉幟 壽命秀次
【佳作】 天袋に叩き起こすや扇風機 壽命秀次
   
振り仮名を付けてもみたき幟立つ 白井道義
【佳作】 就活のいでたちは黒若葉吹く 白井道義
メドレーで五冠達成鯉幟 白井道義
   
【佳作】 二の腕に負けぬ胡瓜や売れ残る 鈴鹿洋子
亀の子の犬かきデビュー赤い橋 鈴鹿洋子
   
【佳作】 ネギ坊主と直立いろんな空みつけた 鈴木和枝
右向け右我慢の糸みいつけた 鈴木和枝
   
網戸して技能向上テキスト選び 鈴木哲也
【佳作】 そうめんにサクッとあげたる天プラを 鈴木哲也
風薫るコツコツ進み無事終る 鈴木哲也
   
【佳作】 走り梅雨前線今日も居座つて 髙田敏男
落雷や自販機コイン食つたまま 髙田敏男
赤い糸プッツリ切れて破れ傘 髙田敏男
   
短夜や百才想定老後資金 高橋きのこ
【佳作】 町民の七割老人竹の秋 高橋きのこ
   
朝顔の双葉を通り過ぎるのか 田中 勇
【佳作】 かたばみや片脚立ちを始めたる 田中 勇
勘違ひの質問されたる夏初め 田中 勇
   
煩はしき蚯蚓蜥蜴に蝌蚪の文字 田中早苗
【佳作】 こんなにも居たかよ雀麦の秋 田中早苗
   
鯛の目に睨まれてゐる活き作り 田村米生
あの涙ハンカチだけが知つてゐる 田村米生
【佳作】 誤魔化しのできぬ物出る土用干 田村米生
   
【佳作】 庭仕事サボった果てのドクダミよ 月城美紀
また明日曲がりし角の薔薇ばらよ 月城美紀
蚊遣り豚煙で太る我もかな 月城美紀
   
木下闇なにか蠢(うごめ)くものが居る 津田このみ
【佳作】 老鶯に負けずカラオケ艶を増す 津田このみ
生きること全てをかけし熱中症 津田このみ
   
【佳作】 大汗の部下に小言の腰折られ 都吐夢
宿六の行き場無くして端居かな 都吐夢
   
竹夫人抱いて淋しくないは嘘 飛田正勝
【佳作】 父の日や母より父へお裾分け 飛田正勝
学校へ行く丈で良し五月尽 飛田正勝
   
【佳作】 浴衣着て下駄を鳴らしてつまずいて 中井 勇
腹を見て悩むふりしてビール飲み 中井 勇
お出かけにシミの上にも日焼け止め 中井 勇
   
【佳作】 吾もごみの一つや梅雨のごみ屋敷 新島里子
辞書ひらく薔薇といふ字をまた忘れ 新島里子
竹夫人ほんとの妻はそつちのけ 新島里子
   
雨蛙葉っぱの裏で雨やどり 西をさむ
【佳作】 絶対に口を割らぬと蟇 西をさむ
   
ホトトギス君も頭で雨感じ  *テッペンハゲタカ 花岡直樹
梅雨寒にも怖めず臆せずビール飲み 花岡直樹
   
つまみ喰ひしつつ調理や白子干 原田 曄
【佳作】 ねこ路地を子ねこ咥へてわたる猫 原田 曄
   
余り苗隅にまとめて養護院 久松久子
【佳作】 ぶつかって互ひに謝して芥子坊主 久松久子
閻魔詣恐い貌には平伏して 久松久子
   
ゆつくりが自分流なりかたつむり 日根野聖子
【佳作】 きりりと白し鮎の尾の化粧塩 日根野聖子
   
マスクして年齢不詳となりにけり 廣田弘子
長閑けしやルンバと遊ぶマルチーズ 廣田弘子
【佳作】 声ひそめ藤の花房垂るるなり 廣田弘子
   
上京の思惑ちがひ帰省の貌 藤岡蒼樹
放水路蟹溺れつつ爪ひろぐ 藤岡蒼樹
【佳作】 反論の昂り呷る冷し酒 藤岡蒼樹
   
風薫る五体緩みて笑う足 細川岩男
五月雨や濡れるも悔し傘は無し 細川岩男
【佳作】 孫来るゴールデンウイーク引き連れて 細川岩男
   
【佳作】 麦秋をどんどん食べるコンバイン 本門明男
ででむしや来し方思ひ動かざる 本門明男
   
【佳作】 花菖蒲社歌のわきたつ老舗宿 松井寿子
梅雨晴や木登りの猫爪をとぐ 松井寿子
お駄賃は紫陽花の花庭掃除 松井寿子
   
【佳作】 幼女仕切る人形一家の更衣 松井まさし
梅雨の堂よりおしゃべりなバイオリン 松井まさし
打水に蟻の一族阿鼻叫喚 松井まさし
   
昨日今日座禅してます蟇 南とんぼ
【佳作】 酒絡むさわぎの芯の赤いバラ 南とんぼ
濃紫陽花罪になる嘘ならぬ嘘 南とんぼ
   
禿(ち)ぶ石鹸集めて使ふ昭和の日  椋本望生
てんとむしらしきなりしてこんちくしやう 椋本望生
【佳作】 心電図薄暑の胸に吸ひ付きぬ   椋本望生
   
羽抜鶏十メートルを疾走す 村松道夫
【佳作】 ケロケロと尻尾失ふ蝌蚪の国 村松道夫
金魚藻に足をとられて目高かな 村松道夫
   
万緑や風のハミングるるるるる 百千草
【佳作】 散りてすぐ群れとなりたる舟虫よ 百千草
木下闇ピエロの笑みの無表情 百千草
   
【佳作】 枇杷の実を隠しておりぬ派手な紙 森岡香代子
待たせたねさあでかけよう麦わら帽 森岡香代子
神様をお招きしたし蛍袋 森岡香代子
   
【佳作】 香水で名を思ひ出すてふ危険 八木 健
嫌煙に肩身のせまき岩煙草 八木 健
来客に出し忘れたる茗荷汁 八木 健
   
越中に倶利伽羅紋々青嵐 八洲忙閑
明滅の蛍は我にウインクして 八洲忙閑
【佳作】 海の日や海の中には母おはす 八洲忙閑
   
姫鱒や大海知らず適齢期 八塚一靑
【佳作】 身の程を知りすぎて蛾は夜に舞う 八塚一靑
絶壁に家を構える岩燕 八塚一靑
   
【佳作】 腹三分七分は文化粽食ふ 柳 紅生
出る杭の頼みの綱の鯉のぼり 柳 紅生
川柳の詠める定年暑気払ひ 柳 紅生
   
ダービーの収支問はれて無言劇 柳村光寛
【佳作】 籐椅子の元に戻らぬ凹みかな 柳村光寛
絵馬の文字梅雨に打たれて失せにけり 柳村光寛
   
雨男日日胡瓜大きくす 山下正純
青鷺の飛びて一鳴き風立ちぬ 山下正純
【佳作】 夏草の切つても切つてもとかげの尾 山下正純
   
大胆なメイクが似合ふ祭髪 山本 賜
【佳作】 金魚釣り子が父にするアドバイス 山本 賜
   
答弁は真贋つかず油照 横山喜三郎
【佳作】 右向いて左見てゐるサングラス 横山喜三郎
娑婆に出て後悔しきり地虫どち 横山喜三郎
   
鶯の三声と啼かぬ気弱かな 吉原瑞雲
矍鑠(かくしゃく)の婆には喜雨のほまち畑 吉原瑞雲
【佳作】 背くなと大地に雷の突き刺さる 吉原瑞雲