| お問い合わせ | ご利用にあたって | 

ホームへ

 


             
2018年10月の滑稽句

【佳作】 進化して変温となる猛暑かな 相原共良
ごきぶりを一打にしたる蠅叩 相原共良
扇風機の風下占拠親子猫 相原共良
   
お迎えをお断りして魂送り 青木輝子
夏瘦のリバウンドする豊の秋 青木輝子
【佳作】 妻と母板挟みされ穴惑 青木輝子
   
【佳作】 東京は暑い大阪はもつと暑い 赤瀬川至安
終活といふに仕事の依頼あり 赤瀬川至安
殺されに現はれたまふ御器かぶり 赤瀬川至安
   
【佳作】 秋空や牛曳く若衆鼻ピアス 荒井良明
女ごころ男ごころや秋の空 荒井良明
共に紅葉見る人なきもみじめかな 荒井良明
   
【佳作】 颱風の賑やかしたるシャッター街 有冨洋二
風下に猫の行列焼さんま 有冨洋二
堂々と酒が飲めるや秋祭 有冨洋二
   
台風や浅い傷つけ逃走す 井口夏子
【佳作】 三日月や掴む拳の中に消ゆ 井口夏子
   
これぞアートトイレの壁のピカソ哉 池田亮二
【佳作】 炎天に浅間の山は素っ裸 池田亮二
   
【佳作】 ゲレンデの向日葵たちの熱視線 石塚柚彩
虫しぐれ本に歯ブラシ湯にひたる 石塚柚彩
迷い来ぬ蛙導く秋草生 石塚柚彩
   
ハラハラとハラスメントの夏騒動 泉 宗鶴
沸き起こるパワやセクやの夏嵐 泉 宗鶴
【佳作】 台風一過二十禍三十禍の置き土産  泉 宗鶴
   
乗り物は南瓜の馬車よいかさま師 伊藤浩睦
【佳作】 火葬にされる予行演習猛暑の日 伊藤浩睦
案内の来て驚きし敬老会 伊藤浩睦
   
【佳作】 年金も天引きされて秋刀魚缶 伊藤洋二
面黒き白粉花の頭がい骨 伊藤洋二
極楽へレモン月夜の迷ひ道 伊藤洋二
   
霧深し見知らぬ人に会釈して 稲沢進一
苔の花踏まないやうにふんでをり 稲沢進一
【佳作】 一日が始まる元気栗拾ふ 稲沢進一
   
【佳作】 八頭考へなかなかまとまらず 稲葉純子
名月の健康寿命億単位 稲葉純子
   
喫煙所あれば吸う人蟻地獄 井野ひろみ
目高の子学校休みてんでんに 井野ひろみ
【佳作】 ストレスを発散せしやはたたがみ 井野ひろみ
   
くるりん(観覧車)は夜の花火や仰ぎ見る 上山美穂
【佳作】 トンボと蝶いっしょにとんでもいいじゃない 上山美穂
川の合流点見つめる渡り鳥おまえもか 上山美穂
   
人住まぬ故郷の庭のこぼれ萩 梅岡菊子
【佳作】 静けさの中に身をおく夜長かな 梅岡菊子
老若の膳に添へたる菊の花 梅岡菊子
   
供へるや新茶一服亡き夫へ 梅野光子
風抜ける淡路の海の秋静か 梅野光子
【佳作】 俳人としてリビングに秋草を 梅野光子
   
星飛ぶに願ふこと等忘れけり 太田史彩
【佳作】 台風禍地球の怒り収まらぬ 太田史彩
   
夏祭赤い鼻緒で若返り 小笠原満喜恵
身ひとつの渇き潤す有の実よ 小笠原満喜恵
【佳作】 平成を愛しむ台風次々と 小笠原満喜恵
   
【佳作】 懐かしきテレビの瀬戸の秋夕焼  岡田廣江
句会あとの心の穴に色なき風 岡田廣江
   
颱風に一瞥されて金縛り 小川飩太
秋立つと気を持たせては肩透かし 小川飩太
【佳作】 この辺り同姓ばかり墓洗ふ 小川飩太
   
蛇口をひねれば熱湯といふ猛暑 加藤澄子
台風になぶられてゐる大八洲 加藤澄子
【佳作】 一度でいい覗いてみたい台風の目 加藤澄子
   
蟷螂の斧ふりあげしまま死せり 川島智子
【佳作】 鉦叩休む間おしみ鉦たたく 川島智子
強風に吹き上げられし大揚羽 川島智子
   
流星やパンツのゴムが伸びきつて 久我正明
【佳作】 流れ星そんなに急ぎどこへ行く 久我正明
ねこじやらし子犬はいつも足上げる 久我正明
   
露一つ二つ三つと太りけり     工藤泰子
【佳作】 木犀の云々かんぬん匂ひ出す 工藤泰子
風の色浪漫漂ふ萬翠荘 工藤泰子
   
【佳作】 蚤沸いて戦時を父は懐かしむ 桑田愛子
秋暑し靴にハケンと大書され 桑田愛子
実石榴といふ難題を解く粒零し  桑田愛子
   
睡魔くる母の夜食があだとなり 小林英昭
【佳作】 手遅れと歯科医のもらす柘榴の実 小林英昭
   
朝霧に前髪濡らし登校児 近藤須美子
大輪の朝顔に吾励まされ 近藤須美子
【佳作】 朝採れの茄子の艶やか吾をそそる 近藤須美子
   
気まぐれなペアー台風にはか雨 佐野萬里子
草いきれ草の生命の証なる 佐野萬里子
【佳作】 曼珠沙華里の墓への道標 佐野萬里子
   
【佳作】 身に沁むや預金残高減る速さ 下嶋四万歩
秋の聲遠い風音近い耳鳴り 下嶋四万歩
   
【佳作】 甚平の五尺五寸の空元気 壽命秀次
妻帰省羽根伸ばそうにも伸びぬ羽根 壽命秀次
舐める如お尻嗅がるるメロンかな 壽命秀次
   
【佳作】 空蝉にしがみつかれてゐるマネキン 白井道義
不細工に非ず四角の西瓜買ふ 白井道義
   
さとうきび広がる空の日章旗 鈴鹿洋子
胎の児の足を蹴る蹴る大花火 鈴鹿洋子
【佳作】 田んぼ売る噂広がる案山子にも 鈴鹿洋子
   
ピーマンふくらむ親も子もなく 鈴木和枝
【佳作】 介護車送り出して蝉時雨 鈴木和枝
帰り道牛が先か馬が先か 鈴木和枝
   
名誉地位かなぐりすてて小判草 髙田敏男
【佳作】 占いは当てにはならず流れ星 髙田敏男
   
【佳作】 自由課題の自由に悩む夏休み 高橋きのこ
両脇に曽孫卒寿の三尺寝 高橋きのこ
睡眠負債かたづかぬまま夏終わる 高橋きのこ
   
これはもう敵討ちなる残暑かな 田中 勇
【佳作】 初秋のどれからよもうか新刊書 田中 勇
   
玉音や薯の葉枯れし運動場 田中早苗
【佳作】 博学を薄学と書き暑中見舞 田中早苗
   
台風の爪痕痛む倒木よ 田中晴美
前方の暗さが秋や迫りくる 田中晴美
【佳作】 茄子を焼く茄子に苛立ち見透かされ 田中晴美
【佳作】 葡萄吸ふ皺の気になる御ちょぼ口 田村米生
韋駄天の御守り腰に運動会 田村米生
おしいつく(法師蝉)おしっこかけて飛び去りぬ 田村米生
   
一人酒奥歯に芋茎運び入れ 月城花風
秋鯖のじうじうぽんと身の爆ぜて 月城花風
【佳作】 太刀魚の食後に舐める銀の指 月城花風
   
【佳作】 秋残暑いつまでいる気出てってよ 土屋泰山
ニイニイのジイジイに負けぬ秋の空 土屋泰山
   
美しい国に台風地震出水 飛田正勝
一摘(つま)み砂入れ残暑見舞かな 飛田正勝
【佳作】 短夜やヒデキ熱唱深夜便 飛田正勝
   
息んでも屁にもならない秋の昼 西をさむ
初恋のその名は秋子秋の暮 西をさむ
【佳作】 縁側に「と金」がひとつ秋の夜 西をさむ
   
【佳作】 台風のニュース地震で薄められ 花岡直樹
秋刀魚焼く煙昔の五六割 花岡直樹
長き夜にビールの缶でする積み木 花岡直樹
   
獲れ過ぎの秋刀魚の安値手を伸ばす 林 桂子
台風来蝉は早くも避難して 林 桂子
【佳作】 鬱鬱の吾を晴れやかに巨大虹 林 桂子
   
【佳作】 代読のごと宰相の広島忌 原田 曄
重要指名犯カラーポスター酷暑かな 原田 曄
   
【佳作】 冬瓜の畑に尻餅助けなし 久松久子
婆諸君日焼け奨励ビタミンD 久松久子
   
平和なり卓のバナナの熟れてゆく 日根野聖子
立秋の季語や残暑に溶けてゐる 日根野聖子
【佳作】 土鍋ご飯のお焦げ黒々敗戦日 日根野聖子
   
昼寝さす使ひすぎたる吾の海馬 廣田弘子
目出度さも中位てふ八十路かな 廣田弘子
【佳作】 痩せきれぬまま食欲の秋に入る 廣田弘子
   
台風の進路気紛れ気ままかな 細川岩男
値頃かなやっと手にする旬秋刀魚 細川岩男
【佳作】 老いの身を秋の夜長に委ねたり 細川岩男
   
【佳作】 西瓜買ふ糖度の数字信じきり 堀川明子
指揮棒を振るはいずれに蝉時雨 堀川明子
   
俳人や蚯蚓の声を聴き分ける 本門明男
【佳作】 ケンケンパー路地の夕焼け使ひきり 本門明男
   
長患の夫のふぐり天瓜粉 南とんぼ
退院の夫説き伏せて九月の遺書 南とんぼ
【佳作】 いととんぼ愛のかたちは弓なりに 南とんぼ
   
マージャンはニコニコばかり星流る 椋本望生
【佳作】 口先にぼうと火のつく鰯かな 椋本望生
チーママのカットグラスに触る小指 椋本望生
   
敗戦忌野球にうつつぬかし居り 村松道夫
栗の実を拾ふ土偶のでかき尻 村松道夫
【佳作】 人気者よるとさはるとねこじやらし 村松道夫
   
鬼やんま遮断機下りる中へかな 村山好昭
三歩程前行く妻や秋落暉 村山好昭
【佳作】 雑兵の満開であり菊人形 村山好昭
   
誰の死を悼むか法師蝉の鳴く 百千草
シャワー浴ぶ鯨は空へ気を放つ 百千草
【佳作】 我が街を虎視眈々と野分かな 百千草
   
【佳作】 地下資源眠らせ太るさつまいも 森岡香代子
入道雲阿吽の像のかたちして 森岡香代子
点と線得意としてる虹の帯 森岡香代子
   
残暑見舞の定型文に暑さ増す 八木 健
【佳作】 六尺を半分に折り三尺寝 八木 健
怠けるは残暑に堪える智恵かとも 八木 健
   
入り口が出口と知るは厄日かな 八洲忙閑
【佳作】 秋風が廃屋に来て泣きにけり 八洲忙閑
寝間仏間居間も厠も残暑かな 八洲忙閑
   
同じ陽を浴びた同期の今年米  八塚一靑
揚げ方を考えている鯊の秋 八塚一靑
【佳作】 立ち止まることも覚えた秋の蟻 八塚一靑
   
【佳作】 老年の程よく噛める運動会 柳 紅生
台風の裏も表も大車輪 柳 紅生
   
稔りの秋虫も歓喜の大合唱 柳澤京子 
頭を下げて食卓登る蟻二匹 柳澤京子
【佳作】 うつ伏せに稲穂台風やり過ごす 柳澤京子
   
半額となれど松茸見てるだけ 柳村光寛
峠には去年と同じ葡萄売り 柳村光寛
【佳作】 店員に旨いか聞いて買う林檎 柳村光寛
   
【佳作】 リリーフはナイターが好き秋の虫 山下正純
お日様の陰りが頼り秋暑し 山下正純
   
【佳作】 経験も気合も無力だつた夏 山本 賜
蚊帳吊草の花につながる昔 山本 賜
   
【佳作】 農継がぬ若衆ばかり村祭 横山喜三郎
童謡は老謡となり敬老会 横山喜三郎
これ以上脱げずはしよれぬ酷暑かな 横山喜三郎
   
豊漁の匂い新鮮秋刀魚どち 横山洋子
無花果に雄花と雌花二つ割り 横山洋子
【佳作】 月見酒孫の御酌といふ至福 横山洋子
【佳作】 夏料理白磁の皿を彩れる  吉川正紀子
蝉の声かき消されたる庭の朝 吉川正紀子
二の腕の黒色夏の置き土産 吉川正紀子
   
のつけから滾(たぎ)る老の血まつり笛 吉原瑞雲
【佳作】 しみじみと修羅の爪痕見入る秋 吉原瑞雲
   
【佳作】 現場実習先決まりたる休暇明     渡部美香
師の訃報知らぬかに鳴き法師蝉  渡部美香
うらなりも南瓜の甘き父の畑   渡部美香