| お問い合わせ | ご利用にあたって | 

ホームへ

 


             
2019年10月の滑稽句
*今月の特選句・秀逸句以外の佳句を青字で表示しています。

近寄れば軽々躱され秋の蝶 相原共良
囮鮎岩に挟まれ岩に舞ふ 相原共良
メタボ妻背負ってつぶれる羽抜鶏 青木輝子
長寿国親子二代の敬老日 青木輝子
古妻の言葉直球うそ寒し 青木輝子
まんばうの転がつてゐる大相撲 赤瀬川至安
雷声を収むる番犬の男前 赤瀬川至安
夏の足に踏みつけられてゐる真昼 荒井 類
焼け跡に自棄(やけ)にはならず敗戦忌 荒井 類
膝小僧と喉の仏や盂蘭盆会 荒井 類
花すすきおいでおいでと死に神が 井口夏子
コスモスの中もコスモス影もなし 井口夏子
一見凶悪人畜無害黒眼鏡(サングラス) 池田亮二
雲流れ西行家出長明はひきこもり 池田亮二
まだ早い枝豆を穫る気長夫 石塚柚彩
獺祭忌粥三わんの健啖家 石塚柚彩
急かさるる台風帰路の新幹線 石塚柚彩
田舎なり古民家揺らし蚯蚓なく 泉 宗鶴
青は未熟青臭い柿青二歳 泉 宗鶴
雁は渡り鳥大腸癌は何鳥かな 泉 宗鶴
息すれば肺が火傷の猛暑の日 伊藤浩睦
節水の街ですプール休業す 稲沢進一
背泳ぎの一人さびしき雲浮かぶ 稲沢進一
遠雷やダックスフンドの耳垂れて 稲沢進一
ミニチュアのミサイルとなりオクラかな 稲葉純子
虫に舐められ雨に舐められ秋茄子 稲葉純子
夫のさす男日傘や板につく 井野ひろみ
睦まじく嫁と姑秋茄子 井野ひろみ
雷鳴とスマホ同時に鳴りにけり 井野ひろみ
粘っても途切れてもよしとろろ汁 上山美穂
かぐや姫月はどこかと星月夜 上山美穂
秋風に押され茶色のワンピース 上山美穂
竹夫人夫より奪ふ浅き夢 梅岡菊子
厄日なり交通切符切られたる 梅岡菊子
ざはざはにあらずさはさは竹の春 梅岡菊子
麦わら帽浮かべ夏果の海 梅野光子
モカの香に包まれ書を読む休暇明 梅野光子
山ひだに出番待ちをり鰯雲 梅野光子
剥製の熊も売り子や夏の山 太田史彩
腹白きやもり腹見せ窓を這ふ 太田史彩
炎昼やとろり長瀞川下り 太田史彩
残る暑さサンバの風にほぐさるる 大林和代
天へ天へわれいつか向日葵になる 大林和代
二重虹残して雨の上がりけり 小笠原満喜恵
壊されて一夜で再建蜘蛛の巣城 小笠原満喜恵
阿波踊り見に来たはずが踊りだし 小笠原満喜恵
朝っぱらから金魚もう赤い顔 小川飩太
秋の蚊に惻隠の情かけるべきや 小川飩太
駄句悪句全部残暑のせいにして 小川飩太
その昔岡っ引きかと蚯蚓鳴く 奥脇弘久
秋海棠いつもうつむく羞恥心 奥脇弘久
秋茄子や嫁も姑もそっぽ向く 奥脇弘久
江戸切子夏をおしゃれに演出の 門田智子
小粒柿今年はいくつ稔るやら 門田智子
母さんの思ひ出いくつ花火の夜 門田智子
老妻より嫁が親切敬老日 金城正則
敬老日杖をつきつつ花街へ 金城正則
海の日のつけたしのごと山の日は 金城正則
ひまわりや賢明に立たされてをり 久我正明
善玉も悪玉もあり揚花火 久我正明
伸び縮み蛇に蛇腹の好都合 工藤泰子
洗濯機の蛇腹の側に蛇がゐて 工藤泰子
銀やんま追ひかけてゐるキャッツアイ 工藤泰子
爽やかや財布ケータイ忘れゐて 桑田愛子
食パンは柴犬の色秋の朝 桑田愛子
蝉落ちる地球の割れる音がする 桑田愛子
猿酒と騙りいつぱい飲まさるる 小林英昭
実柘榴に歯科医は匙を投げにけり 小林英昭
庭のトマトが一番人気子や孫に 近藤須美子
初鏡姉に似て來し笑皺 近藤須美子
庭に立ちをり金柑の花にむせ 近藤須美子
秋の藪蚊こちらの弱味知っている 佐野萬里子
いつの間にか蝉に代わりて虫時雨 佐野萬里子
色に出て口割れやすき通草かな 下嶋四万歩
その噂痛くて痒し猫じゃらし 下嶋四万歩
じつとしておれぬ性分水馬 壽命秀次
晒されて恥じるものなし大西瓜 壽命秀次
冷蔵庫妻不在日は扱き使ふ 壽命秀次
天心の月押し上げて鳴る花火 白井道義
生身魂狸寝入りの地獄耳 白井道義
宿題は家族総出や八月尽 鈴鹿洋子
飛び入りの知らぬ同士や尻相撲 鈴鹿洋子
うりの輪切り茄子の輪切りてんでに主張 鈴木和枝
後期高齢者通知開封は明日にする 鈴木和枝
もろこしの整列今入道行進したばかり 鈴木和枝
かなかなや漢字検定上の空 髙田敏男
ちぐはぐな会話も通じ敬老日 髙田敏男
鵲の橋は渡らずボール蹴る 高橋きのこ
捕虫網持つ子さがして夏終る 高橋きのこ
悪者にされし花札鹿の鳴く 竹下和宏
別嬪の旨いと叫び食ぶ林檎 竹下和宏
女教師の歌より始まる運動会 龍田珠美
落鮎のくねりと挿され焼かれゆく 龍田珠美
語部の手はあたたかき終戦日 龍田珠美
芸術は腰痛を生み秋初め 田中 勇
星月夜ゴッホも覚えし眩暈かな 田中 勇
法師蝉輪廻転生信じたる 田中 勇
列島が眩暈を起こす熱暑かな 田中早苗
油物欲し始める秋の舌 田中晴美
すえる相手探し求めてお灸花 田中晴美
何処まで飛ぶや鉄砲百合の弾は 田中晴美
老庭師美容師のごと松手入 田村米生
大松茸じつとみる女ちよつとさはる女 田村米生
熊蟬にしわしわしわと指摘され 月城花風
新学期日焼子よりも師の黒し 月城花風
眩しすぎ西日背負ひて友来たる 月城花風
ハワユーと声をかけられアホウドリ 土屋泰山
猪の通り横切り汗しとど 土屋泰山
椰子の実に匙を拒まれ汁を吸い 土屋泰山
山椒の実口の悪さは母似なり 土屋虹魚
見てしまふ桃の窪みの色気かな 土屋虹魚
別れ蚊やさらば大目にみてやらう 土屋虹魚
塗り絵みな墨塗りたくる終戦忌 飛田正勝
百均の孫の手を買ふ敬老日 飛田正勝
東京はビルの溜り場秋の空 西をさむ
立待のあの日が始め恋悲し 西をさむ
目の周り赤しくすねて猿(ましら)酒 西をさむ
直撃も風雨抑える媛の神 花岡直樹
名月やアポロも遠くなりにけり 花岡直樹
ビール腹見倣え旬の秋刀魚達 花岡直樹
虫の音のさまざまに鳴き移りして 林 桂子
ひと頃の勢いのなき夏野菜 林 桂子
つくつくぼうし三部構成まねてみむ 林 桂子
渋団扇激しく手話の諍ひぬ 原田 曄
咆哮の草刈マシン自暴自棄 原田 曄
籠カート秋刀魚の値札見て過ぎる 原田 曄
川風も値段に入れて川床料理 久松久子
食の秋ペットの犬も肥満体 久松久子
今以て器用貧乏夜長の灯 久松久子
完成は無駄省くこと花桔梗 日根野聖子
新の字に白の意味あり新豆腐 日根野聖子
遊び尽くし怠け尽くせば八月尽 日根野聖子
大胆に脚組むスーパーのお大根 廣田弘子
青虫や蝶の未来を夢見てる 廣田弘子
梅雨明ける雲は上衣を脱ぎ捨てて 廣田弘子
初秋刀魚高値の花に手足出ず 細川岩男
かぶりつく西瓜に種が邪魔をする 細川岩男
気紛れに生れ台風気まま旅 細川岩男
コンバイン待つにお辞儀の稲穂かな 堀川明子
リメイクのモデルケースの案山子かな 堀川明子
二千万無理と承知の螽斯 堀川明子
帯といて棚田染めるや彼岸花 本門明男
鬼灯や子どもの口で泣いている 本門明男
実は風に任せてをりぬ糸瓜棚 本門明男
大ジョッキ連れの亭主は小ジョッキ 南とんぼ
又の名をミスターGとや油虫 南とんぼ
ぐうたらのくびれ無き身に秋の風 南とんぼ
虫封じ掲ぐる寺の虫時雨 峰崎成規
夕空は目下あきつの制空権 峰崎成規
改札を打つ磁気カード雁の列 峰崎成規
抓まれてひねくれてゐる蝸牛 三好 城
片足の案山子作るは差別とや 三好 城
魚屋と呼ぶは禁句や秋刀魚買ふ 三好 城
庭を掃く次の毛虫を待つやうに 椋本望生
筆圧に押されて嗤ふホ句の秋 椋本望生
ジーンズの穴より漏るる秋思かな 椋本望生
人類よおごるなかれや蚯蚓鳴く 村松道夫
棟梁のぞうりはいてる三尺寝 村松道夫
帰省子のまづ猫に挨拶違ふ声 村松道夫
全財産持ち歩きをり敬老日 村山好昭
三歩程前行く妻や秋落暉 村山好昭
わけもなきことを笑ひて夜長かな 村山好昭
もののけの揺らして去りぬ新松子 百千草
笑ひ皺値千金敬老日 百千草
秋雨や蝕まれたるこの星に 百千草
運動会大捕り物の綱一本 森岡香代子
お日様の衣借りをり名月に 森岡香代子
蜘蛛の囲にかかる己の不用心 森岡香代子
夜空を監視流星を見たいから 八木 健
何処からが天何処までが天天高し 八木 健
一振りと言ひたい秋刀魚の長さかな 八木 健
岩風呂に「あ˝~」と寛ぐ渓紅葉 八洲忙閑
しばらくは不揃ひなれど初紅葉 八洲忙閑
ひぐらしのその日暮らしや旅がらす 八洲忙閑
今日だけの花売りがいる秋彼岸 八塚一靑
南国に別荘あるか秋燕 八塚一靑
何かある何か分からぬ曼珠沙華 八塚一靑
クエスチョンマークに寝入る愁思かな 柳 紅生
「記憶にはございません」の天瓜粉 柳 紅生
行く秋の外車乗り換へ車椅子 柳 紅生
囮鮎定価六百円とあり 柳村光寛
豪農の黒き館に黒き蝿 柳村光寛
切腹のやうに切らるる大西瓜 柳村光寛
タイムリミットまでに素麺茹でて食べ 山内 更
いるはずの蚊が見当たらぬ午前二時 山内 更
秋刀魚焼く贅沢なりし夕餉かな 山内 更
宿題に影武者奔走夏休み 山下正純
流水のプールくまなき芋洗い 山下正純
幾千のひまわり宿すゴッホの気 山下正純
口固い人と蜜豆つまらない 山本 賜
夏休みこどもが仕切るこども会 山本 賜
小豆研ぐ「小豆洗ひ」の音がする 山本 賜
親子げんかけじめのつかず夏休 横山喜三郎
親の顔子の顔あきて夏休 横山喜三郎
親泣かせ先生極楽夏休 横山喜三郎
敬老の日嫁の笑顔の痛みどめ 横山洋子
一人居と一夜を共に鈴虫の音 横山洋子
友人が日盛りを来し覆面で 横山洋子
食欲の秋楊貴妃の豚料理 吉川正紀子
音で楽しむビルの谷間の夜の花火 吉川正紀子
ふる里の炭坑節の盆踊 吉川正紀子
木で鼻を括る箸持つ国冷ゆる 吉原瑞雲
湯豆腐の頃知りつくす独り者 吉原瑞雲
産廃の残土のてつぺん草の絮 渡部美香
じじばばの顔に皺なし案山子村 渡部美香
七十は使ひ走りで敬老会 渡部美香
詰め放題鰯の身にもなつとくれ 和田のり子