| お問い合わせ | ご利用にあたって | 

ホームへ

 


             
2017年9月の滑稽句

【佳作】 豊の秋元のもくあみダイエット 青木輝子
生身魂チンプンカンのメニューかな 青木輝子
   
蜻蛉は風の道知る川船頭 青山桂一
いまし飛ぶ鮎のあまたは浪の路へ 青山桂一
【佳作】 すだれめく仕掛け漁法に上り鮎 青山桂一
   
【佳作】 この星に毛虫と生まれ焼かれたる 赤瀬川至安
籠枕二の四乗で終はりけり 赤瀬川至安
ちと派手な四万六千日のシャツ 赤瀬川至安
   
老いて耳遠くなりたる犬の夏  荒井良明
【佳作】 炎昼にハードル跳びぬひらめ筋 荒井良明
   
日曜もおかまいなしの蝉しぐれ 有冨洋二
【佳作】 花火師の操るドローン垂直に 有冨洋二
   
ふて寝する大はんざきのあくびかな 井口夏子
山百合の人近づけばうつむくなり 井口夏子
【佳作】 ひとにぎり程の水着を持ち帰る 井口夏子
   
お化け屋敷大笑いする子に泣くお化け 池田亮二
【佳作】 正座して由緒正しき鰻食い 池田亮二
   
みちのくの梅雨の入り明けぼんやりと 石塚柚彩
【佳作】 暑気払いボスの電話に水さされ 石塚柚彩
どこもみなゆるみ下がりし六十路夏 石塚柚彩
   
【佳作】 とりあえず美人に見える市女笠 伊藤浩睦
秋出水舟転覆の三途川 伊藤浩睦
   
道楽の残りはひとつ九月尽 伊藤洋二
【佳作】 香を食し解夏のお腹の凹みけり 伊藤洋二
   
夕暮れて二人は寡黙冷奴 稲沢進一
【佳作】 尺取やうしろ振り向くことはなし 稲沢進一
   
熱帯夜右脳左脳の熱を帯び 稲葉純子
岩倉具視髪を洗へぬまま札に 稲葉純子
【佳作】 泳ぐ子の手足は鰭になつてゐる 稲葉純子
   
アスファルト卵焼けさう炎天下 井野ひろみ
【佳作】 素知らぬげ隣席扇子風貰ふ 井野ひろみ
   
蝉の声防音ガラスを突き破る 上山美穂
【佳作】 蚊に聞かむ私の血の味いかがかと 上山美穂
哀しみの曲を唄ふや籠の虫 上山美穂
   
エアロバイクを降りたとたんに汗飛び散る 梅岡菊子
【佳作】 ハンモック降りても揺れてゐるわたし 梅岡菊子
焼ききびの粒をはずして地図を描く 梅岡菊子
   
【佳作】 朝顔を咲かせ昭和の庭となる 梅野光子
おお威張りなり山囲む雲の峰 梅野光子
夏バテの我が身にやさしき藷粥よ 梅野光子
   
【佳作】 尺蠖に命の背丈計らるる 越前春生
考へて水母になつてゐたりけり 越前春生
   
I WANT TO 横文字多き飾り笹 太田史彩
【佳作】 包丁で切る桃いよよ口で吸ひ 太田史彩
夏場所の解説コメント痛くない痛くない 太田史彩
   
遠野かな胡瓜垂らして河童釣る 小笠原満喜恵
【佳作】 朝八時蜂は糸瓜の蜜採りに 小笠原満喜恵
ジャッジャッジャッ早く起きろと油蝉 小笠原満喜恵
   
新米の味見している稲雀 岡野 満 
秋風や今年の抱負あきらめる 岡野 満 
【佳作】 旅人の俄か踊りや風の盆 岡野 満 
   
夏痩せて首になりたる福の神 小川飩太
彼の世へと三途の川の虹の橋 小川飩太
【佳作】 西日濃き窓の下には神田川 小川飩太
   
【佳作】 放電と充電グイと新走 加川すすむ
鰯雲いづこに血気置きて来し 加川すすむ
   
【佳作】 屋根破る雹を手にして食べようか 加藤澄子
冷房の床心地良し猫長々 加藤澄子
   
身は食はれ翅のみ残す鬼やんま 川島智子
みんみんと朝の体操合体す 川島智子
【佳作】 これほどの真紅はあらじ蛇苺 川島智子
   
【佳作】 訳ありの西瓜の玉の叩き売り 久我正明
噴水は上下左右を巡る旅 久我正明
   
【佳作】 青天の霹靂としてはたた神     工藤泰子
神鳴りの御威光届くお膝下 工藤泰子
   
【佳作】 青嵐百合子グリーンに都の染まり 桑田愛子
秋刀魚焼く煙も走り徒競走 桑田愛子
   
【佳作】 爆発をしさうな水着ではあるが 小林英昭
艶聞をふりまゐてをり金魚の尾 小林英昭
ででむしの離れうかがふ潜望鏡 小林英昭
   
胃カメラ呑みピロロ菌薬処分さる 佐野萬里子
梅雨明の雲行日毎不穏なり 佐野萬里子
【佳作】 熊蝉の渾身暑さいやが上 佐野萬里子
   
蒸し蒸しをムチムチと云ふ夏の嬰 下嶋四万歩
【佳作】 脱衣婆の衣剥ぎ取る極暑かな 下嶋四万歩
   
ひとしきり昔早乙女腰伸ばす 白井道義
主役にはなれぬ神官海開き 白井道義
【佳作】 孫に似て頑固一徹生身魂 白井道義
   
【佳作】 新しき湯殿の鴟尾(しび)や天の川 鈴鹿洋子
大旱ダムの水位を尋ねをり 鈴鹿洋子
   
絶対ゼロになれる南瓜は空に向いて咲け 鈴木和枝
【佳作】 急いで咲かなくてもいい南瓜は貴方だけ 鈴木和枝
   
お皿にはトマトスライス肉料理 鈴木哲也
髪洗いドレスシャツ着て営業に 鈴木哲也
【佳作】 ワンピース日傘をさしてスニーカー 鈴木哲也
   
【佳作】 元気なし噴水にも歴史あり 髙田敏男
打水をせよと番頭熱くなり 髙田敏男
   
【佳作】 重すぎて誰もかつげぬ大神輿 高橋きのこ
ゴキブリと戦う権利君に賜ぶ 高橋きのこ
パラソルの梁は物干し海水浴 高橋きのこ
   
酢豚には名脇役のパイナップル 高橋ユミ子
【佳作】 時計草あなたはどこの生まれなの 高橋ユミ子
ねむの花雑木林のマドンナか 高橋ユミ子
   
心臓のチャクラの光る蓮の花 田中 勇
老人の文庫本手に蓮開く 田中 勇
【佳作】 猫と蛇出合い頭となりにけり 田中 勇
   
【佳作】 昼寝覚め当てにならぬよ夢占ひ 田中早苗
昼寝覚めどこへ消えたかあの世の人 田中早苗
   
風鈴の超過勤務をぼやきをり 田村米生
【佳作】 新米を砂金のごとく量りけり 田村米生
南瓜切る火事場のごとき力出し 田村米生
   
滝を愛で観光客愛でるバスツアー 月城花風
病室は知らぬ存ぜぬ熱帯夜 月城花風
【佳作】 我が辞書に夏痩せの文字見つからず 月城花風
   
焼けに焼け酷暑地球を溶かすのか 津田このみ
氷河溶け陸地はいつか水の中 津田このみ
【佳作】 雨乞いの祭りいつかは忘れられ 津田このみ
   
三歩後行く宿六や秋暑し 都吐夢
先生は一曲踊り直ぐ車 都吐夢
【佳作】 最後には鳥にまかせる菜虫とり 都吐夢
   
取り敢えず米寿の残暑見舞かな 飛田正勝
泡盛のオン・ザ・ロックや敗戦忌 飛田正勝
【佳作】 サングラスかけて沖縄復興相 飛田正勝
   
【佳作】 炎天に低い鼻まで赤くなり 中井 勇
百日紅隣の家からこんにちは 中井 勇
夕焼けや波間漂うウキの舞い 中井 勇
   
ひからびてはてなマークとなる蚯蚓 新島里子
リボンてふ美しき名で蠅を捕る 新島里子
【佳作】 煎胡麻の一粒はねて秋立ちぬ 新島里子
   
炎昼を蟬も鳴けずに力尽き 西岡幸子
【佳作】 新宿三丁目粋な男の白絣 西岡幸子
深川の古地図頼りに冷し酒 西岡幸子
   
裸子の季語に悲しむストリッパー 西をさむ
箍屋には勝てぬ鍵屋の遠花火 西をさむ
【佳作】 年金が細り何れは外寝かな 西をさむ
   
長崎を最後と祈る原爆忌 花岡直樹
秋立つも気温体温競いをり 花岡直樹
【佳作】 ジュースより蛇口はビールに限るなり 花岡直樹
   
ハイデガーを出しし袋へバナナの皮 原田 曄
四股踏んでこれより妻は炎天へ 原田 曄
【佳作】 日傘あげバスくるまでを入れとぞ 原田 曄
   
【佳作】 古銭ばかり遺して逝きし天の川 久松久子
雲の上に落とし穴あり滝一条 久松久子
朝顔の双葉が笑ふ捨て鉢に 久松久子
   
【佳作】 昆虫の薄羽根のごと羅は 日根野聖子
浴衣選る千代紙選ぶごとくして 日根野聖子
   
改革と連呼の余韻梅雨明ける   藤森荘吉
【佳作】 大前で水分補給炎天下     藤森荘吉
お通しにもっとも軽い夏料理   藤森荘吉
   
暑気払い暖簾が俺を呼んでるぜ 細川岩男
【佳作】 猛暑日や生きてる事を我感ず 細川岩男
夏痩の期待裏切るバイキング 細川岩男
   
仕事も恋も何も不器用茗荷の子 本門明男
背負ひたる家紋が同じ蝸牛 本門明男
【佳作】 瓜番や未だ季寄せに残りたる 本門明男
   
【佳作】 何となく老いて今では木瓜の花 前田和男
断捨離で古傷暴く落し文 前田和男
安倍総理なんじやもんじやと夏の夜 前田和男
   
夢の中蛍を乱舞させてゐる 松井寿子
五千歩やウスユキソウにたどりつく 松井寿子
【佳作】 予定変更猛暑のせいにしてしまう 松井寿子
   
怪獣といわれ水鉄砲に打たる 松井まさし
空蝉五匹食すでもなくポケットに 松井まさし
【佳作】 孫に囲まれやばいぞおれが生身魂 松井まさし
   
大雨が夏のしっぽを踏んづける 南とんぼ
高原を夢みて夏の底にいる 南とんぼ
【佳作】 にんげんが花火も爆弾もつくる 南とんぼ
   
いつまでもとれぬ金魚の蟠り  椋本望生
【佳作】 香水を変へてきつぱり雨催ひ   椋本望生
腹の虫小暑の雨にびびびびと     椋本望生
   
【佳作】 羅をはおりてはしゃぐ古稀の女 村松道夫
はんざきを醜しと人言ふなかれ 村松道夫
   
【佳作】 黄昏を行こか戻ろか盆蜻蛉 百千草
寝返りを打つごと寄する盆の波 百千草
向日葵に見下ろされゐし目眩かな 百千草
   
午後三時向日葵そつと下をむき 森岡香代子
水鉄砲ハートにめがけ指鉄砲 森岡香代子
【佳作】 放水の頂点虹のリボンする 森岡香代子
   
【佳作】 全裸にされてマネキンの夏果てる 八木 健
どうしても上から目線道をしえ 八木 健
束の間の恋と解説夜這星 八木 健
   
草取女長靴履きて脚長し 八洲忙閑
【佳作】 下駄箱に下駄無く靴を土用干し 八洲忙閑
居候宿六ともに端居かな 八洲忙閑
   
【佳作】 どの風と共に去ろうか桐一葉 八塚一靑
ただ秋の湖眺め一時間 八塚一靑
親鳥と見紛う鷹の山別れ  八塚一靑
   
血縁の判押されしか藪蚊刺す 柳 紅生
ざる法のまかり通りて竹夫人 柳 紅生
【佳作】 毛虫焼く凄いと言ふ字にも妻が 柳 紅生
   
ビヤガーデン認痴わづらふ自我礼賛 柳澤京子 
Tシャツは勝利宣言バスケット 柳澤京子
【佳作】 原爆忌それでもめごいハーフ孫 柳澤京子
   
ひょっとして主役休演蛍狩 柳村光寛
水羊羹空念仏に出すお布施 柳村光寛
【佳作】 墓はある墓参りせぬ次男坊 柳村光寛
   
昔へのタイムトンネルラムネ玉 山下正純
ラムネ玉コトコト子ども返りかな 山下正純
【佳作】 無殺生の結界張るや蚊帳の内 山下正純
   
メニューみて隣席をみて苺パフェ 山本 賜
【佳作】 あの人となら洗ひざらしの夏シャツで 山本 賜
   
【佳作】 ファッションは案山子にまかせ老いの村 横山喜三郎
虫声を愛で縁先は草ぼうぼう 横山喜三郎
盆僧の赤子をあやす五秒半 横山喜三郎
   
土地ぐるみ夫婦に永き日となりぬ 吉原瑞雲
箍が緩み民意漏れだす野分中 吉原瑞雲
【佳作】 中元やともども老いし町の医師 吉原瑞雲