2017/5/2更新 | ご利用にあたって |
お問い合わせはこちら 会員専用ポスト


   




   
 

「滑稽俳句集」出版のお知らせ
滑稽俳句集

「俳壇」の滑稽句欄が一冊に! 
平成14年7月号から平成27年
3月号までの全3213句を収録。
初版 全308頁

定価3,000円(税・送料別)

*本の問合せ・注文先
えひめ工芸
〒791-2103 愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4

電話090-8287-1390
FAX 089‐957‐1155

 「俳壇」で連載中の滑稽俳句欄、八木健選による「微苦笑俳壇」の13年間の全作品、3213句が一冊になりました。
「俳句」とは、「滑稽な句」を意味します。俳句の本質は滑稽です。
 明治34年に佐藤紅碌が編んだ滑稽俳句集以来、本格的な滑稽俳句集は、115年ぶりとなります。
  俳句に失われた滑稽を取り戻し、「平成の滑稽」として後世に引き継ぐ歴史的な句集です。

「八木健の川柳アート」第31回愛媛出版文化賞・奨励賞受賞
愛媛新聞の月刊誌「アクリート」で 
大人気の川柳欄の作品、約1000点が、
一冊の本になりました!

定価2500円(税・送料別)

*本の受注・発送
   090-5140-8826(滑稽俳句協会)
   090-8287-1390(えひめ工芸)
 愛媛新聞の月刊誌・「アクリート」で、2005年6月号から「川柳アート」の投稿欄
が始まりました。川柳に滑稽を取り戻すこと。アートをつけて分かりやすくすること。
時事川柳の普及を目指すこと。この三点を目論んでの連載でした。
 この度、第1回から第110回までの10年間に亘り連載された「八木健の川柳アー
ト」の作品およそ1000点をもとに、内容を加筆、追加して一冊の本をつくりました。
 建前に穴をあけて本音を引っ張り出すのが川柳。「穿ち」は川柳の命です。ところ
が、平成の現代、川柳には「穿ち」や質の高い「笑い」が少なくなっています。この
本に掲載されている、穿ちと笑いのある川柳アートとコメントをお楽しみください。

第九回 滑稽俳句大賞 審査結果発表 
  
第九回滑稽俳句大賞の大賞は、小林英昭氏の作品に決定致しました!
◆ 大賞 小林英昭
生ハムの色して春がやつてくる
さへづりや嗚呼モンスターペアレンツ
ワシコフはカラシニコフで柘榴撃つ
まだできぬお玉杓子のじやんけんぽん
春の猫すこし小ずるいのがカポネ
ポケットに陽炎入れてくる少年
大空はやはりいいぞといかのぼり
窓際に買ひ与へたるシクラメン
帰る子にいやいやをする鞦韆
鳥雲にやめる気のないホームレス




第四回滑稽俳句協会報年間大賞決定!
 
神奈川県 下嶋四万歩
 

「秋行くや七人の敵六人に」

兵庫県 金澤 健
 

「卒業や恩に気付かぬ顔ならべ」

愛媛県 梅岡菊子
 

「切干と呼ぶ大根のなれのはて」


  
 

  

 今月の八木健選 特選句

春場所に鼻息を聞くインタビュー
壽命秀次
 この句を絵に描くなら、大きな鼻と画面いっぱいの鼻息、それからマイクだろうね。「ハアー、ハアー、ハアー」。録れたてホヤホヤの優勝の鼻息でした。
 
四月馬鹿なによりうまい親の脛
青木輝子
 「馬鹿を見たけりゃ親を見ろ」と言うが、黙って脛を齧らせてニコニコしてるのは親なればこそ。いつまでも齧る馬鹿息子には脛に辛子を塗っとくか。
 
忖度を屁とも思はぬ四月馬鹿
田村米生
 お役人や政治家の姑息なゴマスリを忖度という。それが国の利益を損なうわけだが、そのことを屁とも思わぬのは、やはり「臭い仲」だからである。
 
春愁や厠のボタンどれがなに
原田 曄
 最近のトイレは機能があれこれついて複雑。どれが何の機能か確かめるために、覗きながらボタン押すと顔面シャワーになるからご注意下さいね。
 
たんぽぽや人逝く処みな同じ
小川飩太
 親鸞上人の教えに「善人なほもつて往生をとぐ。いはんや悪人をや」があるが、そういうことなのか。しかし、本物の悪人が行くところは嫌じゃ。
 
昭和の日企業戦士ははや猫背
柳 紅生
 日本の今日があるは、昭和という時代をがむしゃらに支えた企業戦士のお陰ぞ。猫背となった方々への感謝を、よもや忘れてはなるまいぞ。




 今月の秀逸句  七七をつけてみました

 大笑いして捻転の鯉のぼり  西をさむ
   ・・・風が止んだら落胆のてい
 
 蒟蒻にむしろ同情針供養 花岡直樹
   ・・・蒟蒻供養したらええやろ
 
 起き上がり小法師よいしよと春立たす 稲葉純子
   ・・・体操ニッポン着地成功
 
 無礼講なれど気疲れ花疲れ 八洲忙閑
   ・・・会社の人と花見はするな
 
 この村の過疎にはあらず幟かな 吉原瑞雲
   ・・・幟の文字に産めよ増やせよ
 
  大岩のごろごろ山の笑ひけり 工藤泰子
   ・・・地震がおきたら大変なのよ
 
 出る杭の争奪戦や土筆狩り 山下正純
   ・・・土筆の場合打たず引き抜く
 
 ルビなしで読めぬ名ばかり入学子 飛田正勝
   ・・・ふりがな忘れ立ち往生に
 
 春暁や目覚しいらぬ齢にて 本門明男
   ・・・二度寝したのにまだ六時前
 
 居酒屋の酢味噌にまみれホタルイカ 山本 賜
   ・・・酒の肴は指でつまんで
 
 ですますを使いこなして入学児 日根野聖子
   ・・・この子もいつかヤンキー言葉
 
 靴先も髪も尖んがり新社員 久松久子
   ・・・礼儀知らずで突っかかるかも
 
 春寒や立て付け悪ろき腰と脚 下嶋四万歩
   ・・・蝶番(ちょうつがい)にはサプリメントを

ページの先頭へ