2017/9/25更新 | ご利用にあたって |
お問い合わせはこちら 会員専用ポスト


   




   
 

「滑稽俳句集」出版のお知らせ
滑稽俳句集

「俳壇」の滑稽句欄が一冊に! 
平成14年7月号から平成27年
3月号までの全3213句を収録。
初版 全308頁

定価3,000円(税・送料別)

*本の問合せ・注文先
えひめ工芸
〒791-2103 愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4

電話090-8287-1390
FAX 089‐957‐1155

 「俳壇」で連載中の滑稽俳句欄、八木健選による「微苦笑俳壇」の13年間の全作品、3213句が一冊になりました。
「俳句」とは、「滑稽な句」を意味します。俳句の本質は滑稽です。
 明治34年に佐藤紅碌が編んだ滑稽俳句集以来、本格的な滑稽俳句集は、115年ぶりとなります。
  俳句に失われた滑稽を取り戻し、「平成の滑稽」として後世に引き継ぐ歴史的な句集です。

「八木健の川柳アート」第31回愛媛出版文化賞・奨励賞受賞
愛媛新聞の月刊誌「アクリート」で 
大人気の川柳欄の作品、約1000点が、
一冊の本になりました!

定価2500円(税・送料別)

*本の受注・発送
   090-5140-8826(滑稽俳句協会)
   090-8287-1390(えひめ工芸)
 愛媛新聞の月刊誌・「アクリート」で、2005年6月号から「川柳アート」の投稿欄
が始まりました。川柳に滑稽を取り戻すこと。アートをつけて分かりやすくすること。
時事川柳の普及を目指すこと。この三点を目論んでの連載でした。
 この度、第1回から第110回までの10年間に亘り連載された「八木健の川柳アー
ト」の作品およそ1000点をもとに、内容を加筆、追加して一冊の本をつくりました。
 建前に穴をあけて本音を引っ張り出すのが川柳。「穿ち」は川柳の命です。ところ
が、平成の現代、川柳には「穿ち」や質の高い「笑い」が少なくなっています。この
本に掲載されている、穿ちと笑いのある川柳アートとコメントをお楽しみください。

第十回 滑稽俳句大賞 募集要項 
◆応募方法/ 作品は、十句一組で審査します。何組でも応募可。
  メールか封書でご応募ください。
  作品十句、氏名(ふりがな)、〒、住所、電話番号、年齢を明記。
  封書の場合、A4サイズの紙を使用。横使い縦書き。
◆ 賞 / 大賞:五万円。次点:一万円。
*未発表の作品に限ります。
◆募集期間 / 平成29年11月1日~平成30年1月31日 消印有効
◆投句料/ 一組、二千円。 郵便振込 01600-3-130892 滑稽俳句協会
◆発  表 / 4月下旬、入賞者および会報、ホームページ
◆応募先 / 〒791-2103  愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4   
  滑稽俳句協会 大賞募集係
  メールアドレス  kokkei@kokkeihaikukyoukai.net
  * 応募作品の著作権は主催者に帰属。
◆審査員/ 秋尾敏、池田澄子、上谷昌憲、河村正浩、小西昭夫、、
  小町圭、蟇目良雨、冨士眞奈美、八木健

第五回滑稽俳句協会報年間大賞決定!
 
愛知県 伊藤浩睦
 

「猛暑日や金魚の赤く茹で上がる」

神奈川県 下嶋四万歩
 

「ご祝儀を甘噛みしてる獅子頭」

神奈川県 青木輝子
 

「四月馬鹿なによりうまい親の脛」


  
 

  

 今月の八木健選 特選句

カート押し妻の後ゆく羽抜鳥
青木輝子
妻の付け人のように、妻に附かず離れずカートを押して行く夫は、いわゆる〝濡れ落葉〟で無表情。羽というより、魂が抜けているみたい。
 
馬鈴薯のえくぼカレーに埋もれたり
有冨洋二
「どうでもいい」事が気になる。これぞ滑稽の原点である。世間のご立派な俳人がおしなべて注目なさる事に滑稽はない。馬鈴薯のえくぼよ万歳。
 
サングラスかけて態度のでかくなり
村松道夫
普段は言いたいことも言えない気弱な自分が、サングラスをかけたとたんに饒舌に。うっかり余計な事までペラペラ。俳句は自身を俎上に載せて詠む。
 
うちのことさらされ夏休み絵日記帳
山本 賜
子どもは秘密にしておくべきことの判断がつかない。正直だから全部書いてしまう。おそらく将来は、週刊文春か週刊新潮の記者になれるね。
 
茗荷汁好きでアルツハイマー論
越前春生
茗荷と物忘れの関連は俗信。お釈迦様の、物覚えの悪かった弟子のお墓に生えていたことに由来するとか。釈迦曰く、悟りと記憶力は関係なし。
 
遅くなってごめんね田水この位でいいですか
鈴木和枝
俳句は情景がわかる、これが基本である。旱続きでからからに乾いていたのだろう。作者の優しい心根がダイレクトに伝わる秀句。




 今月の秀逸句  七七をつけてみました

 勢ひのありて噴水雲となる  稲沢進一
   ・・・その勢いを誇張して句に
 
 火蟻来て事情聴取すヒアリング 荒井良明
   ・・・ヒヤリとさせる飛んだ害虫
 
 直筆の残暑見舞の余熱かな 加川すすむ
   ・・・余熱は筆と残暑にかかる
 
 鍵穴をしっかり守る守宮かな 久我正明
   ・・・言葉遊びをひろげて佳句に
 
 集中力失せて猫踏む熱帯夜 伊藤浩睦
   ・・・猫の立場で絶対嫌よ
 
  憎しみをどこかに隠し鳥兜 桑田愛子
   ・・・殺意の起きた時に役立つ
 
 宅急便汗の滴も置いて行き 加藤澄子
   ・・・麦茶一杯飲んで行きなよ
 
 まじまじと鏡の中の生身魂 伊藤洋二
   ・・・確かめたとて若くはなるまい
 
 土用三郎畑の婆を追ひ立てる 田中早苗
   ・・・三十六計逃げるが勝ちよ
 
 深窓の奥方にして汗つかき 下嶋四万歩
   ・・・冷房費用結構かかる
 
 雷光は軽く雷音は重く 工藤泰子
   ・・・痩せっぽっちが怒鳴りゃ大声
 
 女子寮に問答無用夜這星 髙田敏男
   ・・・逮捕できずに書類送検
 
 サイダーは泡(あぶく)を私は愚痴を 日根野聖子
   ・・・・サイダー片手に泡沫候補

ページの先頭へ