2017/6/21更新 | ご利用にあたって |
お問い合わせはこちら 会員専用ポスト


   




   
 

「滑稽俳句集」出版のお知らせ
滑稽俳句集

「俳壇」の滑稽句欄が一冊に! 
平成14年7月号から平成27年
3月号までの全3213句を収録。
初版 全308頁

定価3,000円(税・送料別)

*本の問合せ・注文先
えひめ工芸
〒791-2103 愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4

電話090-8287-1390
FAX 089‐957‐1155

 「俳壇」で連載中の滑稽俳句欄、八木健選による「微苦笑俳壇」の13年間の全作品、3213句が一冊になりました。
「俳句」とは、「滑稽な句」を意味します。俳句の本質は滑稽です。
 明治34年に佐藤紅碌が編んだ滑稽俳句集以来、本格的な滑稽俳句集は、115年ぶりとなります。
  俳句に失われた滑稽を取り戻し、「平成の滑稽」として後世に引き継ぐ歴史的な句集です。

「八木健の川柳アート」第31回愛媛出版文化賞・奨励賞受賞
愛媛新聞の月刊誌「アクリート」で 
大人気の川柳欄の作品、約1000点が、
一冊の本になりました!

定価2500円(税・送料別)

*本の受注・発送
   090-5140-8826(滑稽俳句協会)
   090-8287-1390(えひめ工芸)
 愛媛新聞の月刊誌・「アクリート」で、2005年6月号から「川柳アート」の投稿欄
が始まりました。川柳に滑稽を取り戻すこと。アートをつけて分かりやすくすること。
時事川柳の普及を目指すこと。この三点を目論んでの連載でした。
 この度、第1回から第110回までの10年間に亘り連載された「八木健の川柳アー
ト」の作品およそ1000点をもとに、内容を加筆、追加して一冊の本をつくりました。
 建前に穴をあけて本音を引っ張り出すのが川柳。「穿ち」は川柳の命です。ところ
が、平成の現代、川柳には「穿ち」や質の高い「笑い」が少なくなっています。この
本に掲載されている、穿ちと笑いのある川柳アートとコメントをお楽しみください。

第九回 滑稽俳句大賞 審査結果発表 
  
第九回滑稽俳句大賞の大賞は、小林英昭氏の作品に決定致しました!
◆ 大賞 小林英昭
生ハムの色して春がやつてくる
さへづりや嗚呼モンスターペアレンツ
ワシコフはカラシニコフで柘榴撃つ
まだできぬお玉杓子のじやんけんぽん
春の猫すこし小ずるいのがカポネ
ポケットに陽炎入れてくる少年
大空はやはりいいぞといかのぼり
窓際に買ひ与へたるシクラメン
帰る子にいやいやをする鞦韆
鳥雲にやめる気のないホームレス




第四回滑稽俳句協会報年間大賞決定!
 
神奈川県 下嶋四万歩
 

「秋行くや七人の敵六人に」

兵庫県 金澤 健
 

「卒業や恩に気付かぬ顔ならべ」

愛媛県 梅岡菊子
 

「切干と呼ぶ大根のなれのはて」


  
 

  

 今月の八木健選 特選句

出た腹の分だけ先に夏に入る
小川飩太
 そう、その通りだね。小川君。ハイ、夏に入るゴールのテープを出べそが切りました。うむ説得力があるぞ。ナンセンスは滑稽の大切なエッセンス。
 
夕凪やたるむ海馬に鞭を入れ
加川すすむ
 海馬は脳の一部で学習をつかさどる部分だが、凪状態で活動停止。「海馬」に「鞭」を入れるという滑稽である。ハイドハイドと脳味噌たたく。
 
自己紹介は立て板に水ランドセル
壽命秀次
 「えー、ご紹介にあずかりました私、このほど入学致しました。勉学に運動に日々精進してまいります」。口だけは達者、おませな子だねえ。
 
ハハの日のハハに濁点付けてみる
加藤澄子
 「ハハ」に濁点を振れば「ババ」。つまり母が婆になるわけですね。子にとっては母親であり、孫にとっては婆である。母の日に使い分ける。
 
ゆるやかに肥満をつつみ夏衣
梅岡菊子
 痩せ過ぎよりは、いいんじゃないの。この句を見て、ダイエットを止める人もいるかもしれぬ。たっぷりサイズの夏衣が流行るかもしれんぞ。
 
衣かえて浮き世の憂を脱ぎ捨てる
西をさむ
 更衣には、気温に対応するという目的の他に、気分一新という付随的な効果があるね。「気分屋で毎日してる更衣」というのはいかが。




 今月の秀逸句  七七をつけてみました

 戻る時力の入りふらここは  上山美穂
   ・・・ふらここに乗りふらふらとなる
 
 先生のあだなをノート一年生 田村米生
   ・・・叱るわけにもゆかぬ出来事
 
 蝸牛角引つ込めて考へる 氏家頼一
   ・・・たぶんそうだと推定すれば
 
 三日三晩あの手この手の浅利かな 原田 曄
   ・・・逃げる手立ては見つからぬまま
 
 「接吻」の絵の目が開く春の宵 太田史彩
   ・・・世にも不思議なことのあるなり
 
  更衣もったいないが捨てさせず 青木輝子
   ・・・捨てさせないはあなたの心
 
 目ん玉で見下してゐる鯉のぼり 稲葉純子
   ・・・鯉にその気はないかもしれぬ
 
 かなぶんにかの喉飴の色のあり 山本 賜
   ・・・かなぶんを舐めたりはするなよ
 
 いざ鎌倉尻尾を立てヽ恋の猫 田中早苗
   ・・・恰好つけるオスは弱いね
 
 囀りや男盛りの喉仏 久我正明
   ・・・捕まえて食べたりはダメだよ
 
 巣立つまで夫婦円満つばくらめ 井口夏子
   ・・・子らが巣立ちは離婚のチャンス
 
 窓若葉ガイドも客も老ゆる旅 有冨洋二
   ・・・みな平等に齢をとるなり
 
 安倍総理が事実を語る四月一日 伊藤浩睦
   ・・・一日だけじゃ済まないんだよ

ページの先頭へ