2017/4/19更新 | ご利用にあたって |
お問い合わせはこちら 会員専用ポスト


   




   
 

「滑稽俳句集」出版のお知らせ
滑稽俳句集

「俳壇」の滑稽句欄が一冊に! 
平成14年7月号から平成27年
3月号までの全3213句を収録。
初版 全308頁

定価3,000円(税・送料別)

*本の問合せ・注文先
えひめ工芸
〒791-2103 愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4

電話090-8287-1390
FAX 089‐957‐1155

 「俳壇」で連載中の滑稽俳句欄、八木健選による「微苦笑俳壇」の13年間の全作品、3213句が一冊になりました。
「俳句」とは、「滑稽な句」を意味します。俳句の本質は滑稽です。
 明治34年に佐藤紅碌が編んだ滑稽俳句集以来、本格的な滑稽俳句集は、115年ぶりとなります。
  俳句に失われた滑稽を取り戻し、「平成の滑稽」として後世に引き継ぐ歴史的な句集です。

「八木健の川柳アート」第31回愛媛出版文化賞・奨励賞受賞
愛媛新聞の月刊誌「アクリート」で 
大人気の川柳欄の作品、約1000点が、
一冊の本になりました!

定価2500円(税・送料別)

*本の受注・発送
   090-5140-8826(滑稽俳句協会)
   090-8287-1390(えひめ工芸)
 愛媛新聞の月刊誌・「アクリート」で、2005年6月号から「川柳アート」の投稿欄
が始まりました。川柳に滑稽を取り戻すこと。アートをつけて分かりやすくすること。
時事川柳の普及を目指すこと。この三点を目論んでの連載でした。
 この度、第1回から第110回までの10年間に亘り連載された「八木健の川柳アー
ト」の作品およそ1000点をもとに、内容を加筆、追加して一冊の本をつくりました。
 建前に穴をあけて本音を引っ張り出すのが川柳。「穿ち」は川柳の命です。ところ
が、平成の現代、川柳には「穿ち」や質の高い「笑い」が少なくなっています。この
本に掲載されている、穿ちと笑いのある川柳アートとコメントをお楽しみください。

第九回 滑稽俳句大賞 審査結果発表 
  
第九回滑稽俳句大賞の大賞は、小林英昭氏の作品に決定致しました!
◆ 大賞 小林英昭
生ハムの色して春がやつてくる
さへづりや嗚呼モンスターペアレンツ
ワシコフはカラシニコフで柘榴撃つ
まだできぬお玉杓子のじやんけんぽん
春の猫すこし小ずるいのがカポネ
ポケットに陽炎入れてくる少年
大空はやはりいいぞといかのぼり
窓際に買ひ与へたるシクラメン
帰る子にいやいやをする鞦韆
鳥雲にやめる気のないホームレス




第四回滑稽俳句協会報年間大賞決定!
 
神奈川県 下嶋四万歩
 

「秋行くや七人の敵六人に」

兵庫県 金澤 健
 

「卒業や恩に気付かぬ顔ならべ」

愛媛県 梅岡菊子
 

「切干と呼ぶ大根のなれのはて」


  
 

  

 今月の八木健選 特選句

嘘寝してことの始終を聞く雛
椋本望生
ウソ寝がいい。夜の雛はどうしているのか。想像をふくらませる技は読者を驚かせて十分。私も一句。ガセネタを嘘寝の雛に聞かせるか。
 
うちのタマ野良に騙され春の闇
岡野 満
 タマは女の子ですね。素性もわからぬ野良に騙されて孕まされたと。本当に騙されたのか、タマが騙したのかは両家の言い分を検証する必要あり。
 
雛納めいやじゃいやじゃを宥(なだ)めつつ
南とんぼ
 俳句は思い込み。箱に納められるのはイヤだと雛たちが意思表示していることが前提の句。人の世の醜さを見飽きた雛は、いやじゃないかも知れぬ。
 
山笑ふ何が可笑しいのでしょうか
田村米生
 なまじ季語の本意を知っていると、こんな自由な発想の句はつくれない。あるいは十分知っていて、昔ながらの季語の使い方に疑義を呈したのか。
 
リハビリは貧乏ゆすりで日向ぼこ
津田このみ
 マナー違反とされていた貧乏ゆすりに治療効果があることは、最近の研究で明らかになった。貧乏ゆすりは滑稽俳句を作るのにも役立ったね。
 
春一番過労死間近風見鶏
井野ひろみ
 春一番の吹き様を表現するのに風見鶏を登場させて巧み。過労死間近という表現で風の激しさも分かる。人も風見鶏も流れに逆らえない哀しさ。




 今月の秀逸句  七七をつけてみました

 海鼠噛む黙つてゐるには丁度いい  山本 賜
   ・・・沈黙は金海鼠も無口
 
 増えるのはごみと年齢四月馬鹿 青木輝子
   ・・・するとなにかい年中お馬鹿
 
 恋猫の孫連れ帰る三年目 小川飩太
   ・・・猫だけじゃない人もときどき
 
 春を買ふ誤解しないで花小鉢 伊藤浩睦
   ・・・なあんだ春のお花のことか
 
 さくさくといいね!もらひしうかれ猫 有冨洋二
   ・・・にやんとも言えずよろしき気分
 
  団子よりスマホを恨む桜かな 加川すすむ
   ・・・花も団子もスマホにや勝てぬ
 
 五分の蜆に一分の魂砂を吐く 稲葉純子
   ・・・一分のダニに五厘の魂
 
 月凍てて我に噛み付く鍵の穴 桑田愛子
   ・・・鍵の夜遊び穴に叱られ
 
 駄菓子屋のケースで孵る雀の子 伊藤洋二
   ・・・雲のケースで孵るは雲雀
 
 薔薇の芽に棘ある言葉育ちをり 下嶋四万歩
   ・・・薔薇は芽にして鋭しといふ
 
 コーヒーの黒色不思議春の朝 高橋ユミ子
   ・・・苦い思いのいやまして朝
 
 肝心な箇所がモザイクにて朧 小林英昭
   ・・・主宰はなべて秘訣は隠す
 
 トランプ氏の大統領令氷漬け 佐野萬里子
   ・・・のちのちの世の歴史資料に

ページの先頭へ