2018/8/27更新 | ご利用にあたって |
お問い合わせはこちら 会員専用ポスト


   




   
 

「滑稽俳句集」出版のお知らせ
滑稽俳句集

「俳壇」の滑稽句欄が一冊に! 
平成14年7月号から平成27年
3月号までの全3213句を収録。
初版 全308頁

定価3,000円(税・送料別)

*本の問合せ・注文先
えひめ工芸
〒791-2103 愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4

電話090-8287-1390
FAX 089‐957‐1155

 「俳壇」で連載中の滑稽俳句欄、八木健選による「微苦笑俳壇」の13年間の全作品、3213句が一冊になりました。
「俳句」とは、「滑稽な句」を意味します。俳句の本質は滑稽です。
 明治34年に佐藤紅碌が編んだ滑稽俳句集以来、本格的な滑稽俳句集は、115年ぶりとなります。
  俳句に失われた滑稽を取り戻し、「平成の滑稽」として後世に引き継ぐ歴史的な句集です。

「八木健の川柳アート」第31回愛媛出版文化賞・奨励賞受賞
愛媛新聞の月刊誌「アクリート」で 
大人気の川柳欄の作品、約1000点が、
一冊の本になりました!

定価2500円(税・送料別)

*本の受注・発送
   090-5140-8826(滑稽俳句協会)
   090-8287-1390(えひめ工芸)
 愛媛新聞の月刊誌・「アクリート」で、2005年6月号から「川柳アート」の投稿欄が始まりました。川柳に滑稽を取り戻すこと。アートをつけて分かりやすくすること。
時事川柳の普及を目指すこと。この三点を目論んでの連載でした。
 この度、第1回から第110回までの10年間に亘り連載された「八木健の川柳アート」の作品およそ1000点をもとに、内容を加筆、追加して一冊の本をつくりました。
 建前に穴をあけて本音を引っ張り出すのが川柳。「穿ち」は川柳の命です。ところが、平成の現代、川柳には「穿ち」や質の高い「笑い」が少なくなっています。この本に掲載されている、穿ちと笑いのある川柳アートとコメントをお楽しみください。

第十回滑稽俳句大賞審査結果発表 
  
第十回滑稽俳句大賞の大賞は、堀川明子氏の作品に決定致しました!
◆ 大賞 堀川明子
わが町の絶滅危惧種こいのぼり
運転で決まる田植の上手い下手
梅雨入りの今日は無罪の雨女
日傘さす光合成せぬヒトなれば
水泳が下手で子どもを溺愛す
七夕や短冊に書くエゴイズム
別腹の常連となり薩摩芋
お茶碗を丼に替へ今年米
紙の本なんて呼ばれて文化の日
煩悩の尽くことなしや除夜の鐘




第六回滑稽俳句協会報年間大賞決定!
 
東京都 八塚一靑
 

「真夜中の突貫工事霜柱」

愛媛県 堀川明子
 

「鼻の穴ばかり見せられ黄水仙」

長野県 横山喜三郎
 

「入試絵馬ぶつかり合うて春疾風」


  
 

  

 今月の八木健選 特選句

マネキンの胸恥づかしく夏来る
本門明男
マネキンは、素っ裸にされても文句を言えない。きっと恥ずかしいに違いない。マネキンの気持ちを代弁しているとも、本門君が恥ずかしかったとも。
 
天と地とサンドイッチの炎天下
青木輝子
「片蔭」に涼むなんてのは、こそこそ隠れているのと同じ。上からでも下からでも、サンドイッチにかぎるぜ。久しぶりにスケールの大きな句。
 
甚平着て賞杯も無しワンカップ
髙田敏男
ワンカップは自分へのご褒美だね。甚平着て、まだ肩書や勲章が欲しいかね。他人の評価なんぞに頼らんでいい。なにより滑稽俳句があるじゃんか。
 
一日の仕舞のページ夕端居
梅岡菊子
「仕舞のページ」がいいね。一日の終わりにホッとひと息つく時間があると、また明日も頑張れる。無事に終わった一日への感謝と安堵感がいい。
 
大奥に不穏なにほひ冷蔵庫
小林英昭
「大奥」だの「不穏な」だのと仰々しく始まり、何事かと思えば消費期限切れの食品のこと。俳句も駄句をいつまでも大事にしまっておいては駄目。
 
父の日やライン見たかと電話来る
柳 紅生
ショートメール、ライン、フェイスブックが何の事か、さっぱり分からん。インスタグラムは重さのことかい。FAXも駄目。紙の入れ方が分からんよ。




 今月の秀逸句  七七をつけてみました

 熟慮して落ちると決めし実梅かな  八塚一靑
   ・・・完熟ものは人気があるで
 
 牛になる兆しのヨダレ昼寝覚 堀川明子
   ・・・お乳が張つてホルスタインに
 
 かたつむり学校の塀の調査隊 久我正明
   ・・・調査記録はくつきり塀に
 
 枕持ち台風避難準備よし 田村米生
   ・・・金品よりも健康第一
 
 口角のはち切れさうな金魚かな 井口夏子
   ・・・口角はち切れ広角となる
 
 新調の長靴うれし水たまり 梅野光子
   ・・・わざと通るよ水たまり道
 
 住みにくくなりたる星や六月尽 田中早苗
   ・・・住みにくいのはずつと前から
 
 形容詞いらぬ全面青田風 柳村光寛
   ・・・全身青く染まる気分よ
 
 そのパワー俺に呉れむか今年竹 相原共良
   ・・・タケノコ食べて精をつけろよ
 
 忘れ傘捜し晩夏の縄暖簾 伊藤洋二
   ・・・傘より高いものにつくだろう
 
 寡黙なるシェフのドヤ顔夏料理 荒井良明
   ・・・言葉以上に語るドヤ顔
 
 生ハムを着て様になるメロンかな 稲葉純子
   ・・・高級品をより贅沢に
 
 梅雨明けの一オクターブ高き声 上山美穂
   ・・・梅雨入り前に戻つただけさ

ページの先頭へ