2018/4/3更新 | ご利用にあたって |
お問い合わせはこちら 会員専用ポスト


   




   
 

「滑稽俳句集」出版のお知らせ
滑稽俳句集

「俳壇」の滑稽句欄が一冊に! 
平成14年7月号から平成27年
3月号までの全3213句を収録。
初版 全308頁

定価3,000円(税・送料別)

*本の問合せ・注文先
えひめ工芸
〒791-2103 愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4

電話090-8287-1390
FAX 089‐957‐1155

 「俳壇」で連載中の滑稽俳句欄、八木健選による「微苦笑俳壇」の13年間の全作品、3213句が一冊になりました。
「俳句」とは、「滑稽な句」を意味します。俳句の本質は滑稽です。
 明治34年に佐藤紅碌が編んだ滑稽俳句集以来、本格的な滑稽俳句集は、115年ぶりとなります。
  俳句に失われた滑稽を取り戻し、「平成の滑稽」として後世に引き継ぐ歴史的な句集です。

「八木健の川柳アート」第31回愛媛出版文化賞・奨励賞受賞
愛媛新聞の月刊誌「アクリート」で 
大人気の川柳欄の作品、約1000点が、
一冊の本になりました!

定価2500円(税・送料別)

*本の受注・発送
   090-5140-8826(滑稽俳句協会)
   090-8287-1390(えひめ工芸)
 愛媛新聞の月刊誌・「アクリート」で、2005年6月号から「川柳アート」の投稿欄
が始まりました。川柳に滑稽を取り戻すこと。アートをつけて分かりやすくすること。
時事川柳の普及を目指すこと。この三点を目論んでの連載でした。
 この度、第1回から第110回までの10年間に亘り連載された「八木健の川柳アー
ト」の作品およそ1000点をもとに、内容を加筆、追加して一冊の本をつくりました。
 建前に穴をあけて本音を引っ張り出すのが川柳。「穿ち」は川柳の命です。ところ
が、平成の現代、川柳には「穿ち」や質の高い「笑い」が少なくなっています。この
本に掲載されている、穿ちと笑いのある川柳アートとコメントをお楽しみください。

第十回 滑稽俳句大賞 募集要項 
◆応募方法/ 作品は、十句一組で審査します。何組でも応募可。
  メールか封書でご応募ください。
  作品十句、氏名(ふりがな)、〒、住所、電話番号、年齢を明記。
  封書の場合、A4サイズの紙を使用。横使い縦書き。
◆ 賞 / 大賞:五万円。次点:一万円。
*未発表の作品に限ります。
◆募集期間 / 平成29年11月1日~平成30年1月31日 消印有効
◆投句料/ 一組、二千円。 郵便振込 01600-3-130892 滑稽俳句協会
◆発  表 / 4月下旬、入賞者および会報、ホームページ
◆応募先 / 〒791-2103  愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4   
  滑稽俳句協会 大賞募集係
  メールアドレス  kokkei@kokkeihaikukyoukai.net
  * 応募作品の著作権は主催者に帰属。
◆審査員/ 秋尾敏、池田澄子、上谷昌憲、河村正浩、小西昭夫、、
  小町圭、蟇目良雨、冨士眞奈美、八木健

第五回滑稽俳句協会報年間大賞決定!
 
愛知県 伊藤浩睦
 

「猛暑日や金魚の赤く茹で上がる」

神奈川県 下嶋四万歩
 

「ご祝儀を甘噛みしてる獅子頭」

神奈川県 青木輝子
 

「四月馬鹿なによりうまい親の脛」


  
 

  

 今月の八木健選 特選句

鼻の穴ばかり見せられ黄水仙
堀川明子
黄水仙は姿、形を自慢したいのに、人間達は香りを嗅ぎたがる。水仙の立場、視点から人間の鼻の穴を詠んだ。かなり高度な擬人化の技である。
 
井戸端の火種を移し春炬燵
柳 紅生
春炬燵で、井戸端会議の延長戦というわけですな。「火種」がいいね。井戸端で決着をつけたい人と延長戦で逆転を図る人との攻めぎ合いにドラマ。
 
雛つくる工程雛の首並ぶ
山本 賜
おどろおどろしい感じがしないでもない。雛を詠んだ句には、その清純な表情と気品を讃えるものがほとんど。制作の作業工程にこそ真実があった。
 
横棒に跨ぎてをりし干大根
青山桂一
干大根を無邪気に擬人化することで楽しい句となった。横棒というこなれていない表現の素直さに好感。「横棒を跨いで大根足痩せる」んだね。
 
「ちょっときて」身構へて出る春炬燵
田村米生
おそらくは、春炬燵に怠けるご亭主を、かみさんがとっちめるの景で、生活感横溢の句である。女性上位の俳句特集でもあれば真っ先にこの句。
 
春寒や裸にされるゆで卵
久我正明
ゆで卵の裸とは艶めかしいね。フロイトの心理テストに出てくるような取り合わせだね。「ゆで卵裸にしたる春の艶」というところか。春昼でもいいね。




 今月の秀逸句  七七をつけてみました

 一声で値切る百姓農具市  髙田敏男
   ・・・掛値を知らぬ百姓の負け
 
 雛納め娑婆の空気の吸い納め 小川飩太
   ・・・これから一年無呼吸の刑
 
 願ひごと多くて絵馬の馬痩せる 本門明男
   ・・・二頭を追うもの一頭も得ず
 
 着ぶくれて色気の色字抜けてをり 井口夏子
   ・・・気を抜いたなら色を残すが
 
 そっぽ向きたい時もあり夫婦雛 上山美穂
   ・・・そつぽ向きたい時ばかりかも
 
 叱られてゐて恋猫のうはの空 越前春生
   ・・・自分のことを猫に仕立てて
 
 つはぶきの味噌漬けを食ひ夏に入る 近藤須美子
   ・・・粕漬を食い冬に入るとも
 
 春障子張り替へ猫の道塞ぐ 稲葉純子
   ・・・自由に恋する猫に嫉妬か
 
 椿一輪に見つめられ私も好きです 鈴木和枝
   ・・・花と相愛不倫にあらず
 
 億ションのチラシをくさす日永かな 下嶋四万歩
   ・・・連れションとなるお茶の飲みすぎ
 
 福は内パパ鬼は外タバコ持ち 壽命秀次
   ・・・ホタル族にも討たれる役目
 
 合格子鮨か肉かで小競り合ふ 飛田正勝
   ・・・合格子なら両方食べよ
 
 欲の袋にこぼれるみかん詰め放題 廣田弘子
   ・・・欲の皮なら突っ張り放題

ページの先頭へ