2018/2/5更新 | ご利用にあたって |
お問い合わせはこちら 会員専用ポスト


   




   
 

「滑稽俳句集」出版のお知らせ
滑稽俳句集

「俳壇」の滑稽句欄が一冊に! 
平成14年7月号から平成27年
3月号までの全3213句を収録。
初版 全308頁

定価3,000円(税・送料別)

*本の問合せ・注文先
えひめ工芸
〒791-2103 愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4

電話090-8287-1390
FAX 089‐957‐1155

 「俳壇」で連載中の滑稽俳句欄、八木健選による「微苦笑俳壇」の13年間の全作品、3213句が一冊になりました。
「俳句」とは、「滑稽な句」を意味します。俳句の本質は滑稽です。
 明治34年に佐藤紅碌が編んだ滑稽俳句集以来、本格的な滑稽俳句集は、115年ぶりとなります。
  俳句に失われた滑稽を取り戻し、「平成の滑稽」として後世に引き継ぐ歴史的な句集です。

「八木健の川柳アート」第31回愛媛出版文化賞・奨励賞受賞
愛媛新聞の月刊誌「アクリート」で 
大人気の川柳欄の作品、約1000点が、
一冊の本になりました!

定価2500円(税・送料別)

*本の受注・発送
   090-5140-8826(滑稽俳句協会)
   090-8287-1390(えひめ工芸)
 愛媛新聞の月刊誌・「アクリート」で、2005年6月号から「川柳アート」の投稿欄
が始まりました。川柳に滑稽を取り戻すこと。アートをつけて分かりやすくすること。
時事川柳の普及を目指すこと。この三点を目論んでの連載でした。
 この度、第1回から第110回までの10年間に亘り連載された「八木健の川柳アー
ト」の作品およそ1000点をもとに、内容を加筆、追加して一冊の本をつくりました。
 建前に穴をあけて本音を引っ張り出すのが川柳。「穿ち」は川柳の命です。ところ
が、平成の現代、川柳には「穿ち」や質の高い「笑い」が少なくなっています。この
本に掲載されている、穿ちと笑いのある川柳アートとコメントをお楽しみください。

第十回 滑稽俳句大賞 募集要項 
◆応募方法/ 作品は、十句一組で審査します。何組でも応募可。
  メールか封書でご応募ください。
  作品十句、氏名(ふりがな)、〒、住所、電話番号、年齢を明記。
  封書の場合、A4サイズの紙を使用。横使い縦書き。
◆ 賞 / 大賞:五万円。次点:一万円。
*未発表の作品に限ります。
◆募集期間 / 平成29年11月1日~平成30年1月31日 消印有効
◆投句料/ 一組、二千円。 郵便振込 01600-3-130892 滑稽俳句協会
◆発  表 / 4月下旬、入賞者および会報、ホームページ
◆応募先 / 〒791-2103  愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4   
  滑稽俳句協会 大賞募集係
  メールアドレス  kokkei@kokkeihaikukyoukai.net
  * 応募作品の著作権は主催者に帰属。
◆審査員/ 秋尾敏、池田澄子、上谷昌憲、河村正浩、小西昭夫、、
  小町圭、蟇目良雨、冨士眞奈美、八木健

第五回滑稽俳句協会報年間大賞決定!
 
愛知県 伊藤浩睦
 

「猛暑日や金魚の赤く茹で上がる」

神奈川県 下嶋四万歩
 

「ご祝儀を甘噛みしてる獅子頭」

神奈川県 青木輝子
 

「四月馬鹿なによりうまい親の脛」


  
 

  

 今月の八木健選 特選句

忙し忙しと数へ日の長電話
本門明男
人間は矛盾だらけやねえ。「超多忙ですと師走の長話」「スイーツは別腹に入れダイエット」「病院で会ってお元気ですか」など。まさに滑稽だね。
 
真夜中の突貫工事霜柱
八塚一靑
自然の造形ではあるが、霜柱は芸術作品である。精緻と気品。あれだけの作品をつくるには金ヒマを要する。一晩で完成させるなんて凄い。
 
師走てふジョギングほどの忙しさ
堀川明子
師が走るから師走。しかし、そのスピードがどれくらいなのかは特定されぬまま、俳句は詠まれ続けてきた。「ジョギング」程度と分かり解決したね。
 
雪礫憎さいとしさ千個ほど
井口夏子
橋本多佳子に比肩の句。雪礫(ゆきつぶて)を座五にしてこんなふうにしてみた。なるほど、千個ということは、「憎さ五百個愛しさ五百個雪礫」。
 
アナログで生きて行きます冬籠
赤瀬川至安
「時代から取り残されてアナログ派」「今更にパソコンなどと尻込みす」 「アナログは人に優しい手の温み」「アナログ爺とパソコンの孫冬籠」。
 
生きてきたかなめに俳句と塩鮭と
山本 賜
振り返って自分の人生の「かなめ」は何だろうかと思う。日課はラジオ体操、好物はお茶漬で、平凡に生き、時々、俳句が入選、なんてのがいいね。




 今月の秀逸句  七七をつけてみました

 初場所やくぐもり届くふれ太鼓  吉原瑞雲
   ・・・太鼓の音はガチンコと言い
 
 去年今年老いては医師に従はず 飛田正勝
   ・・・御子が医師ならどうするんです
 
 正月を写してみんな老けにけり 泉 宗鶴
   ・・・若づくりしている人が浮く
 
 めでたさもこんがり焼けし雑煮餅 百千草
   ・・・たとえ膨れた面していても
 
 古妻に貫録負けする去年今年 青木輝子
   ・・・妻は亭主を小僧子とし (去年今年)
 
 流感の雰囲気感染注意報 久我正明
   ・・・病院に行き風邪が手土産
 
 自動ドア枯葉に先を越されけり 久松久子
   ・・・軽い枯葉に軽く見られて
 
 嫁が君独居のをとこ悩ませる 田中 勇
   ・・・嫁が君とてオスかも知れんぞ
 
 千両で不安万両買い足せり 西をさむ
   ・・・千円出して万両買ったか
 
 初電話たがひにさぐる呆け具合 田村米生
   ・・・電話を切って今のは誰か
 
 人日のはやもつれ合ふ口と舌 下嶋四万歩
   ・・・人にもつれることはやめましよ
 
 着飾って上達は無し初句会 髙田敏男
   ・・・着付け教室こちらは上達
 
 セーターの胸にふたつのジャンプ台 小林英昭
   ・・・着地したのは好け平かもね

ページの先頭へ