2016/2/2更新 | ご利用にあたって |
お問い合わせはこちら 会員専用ポスト


   




   
 

「滑稽俳句集」出版のお知らせ
滑稽俳句集

「俳壇」の滑稽句欄が一冊に! 
平成14年7月号から平成27年
3月号までの全3213句を収録。
初版 全308頁

定価3,000円(税・送料別)

*本の問合せ・注文先
えひめ工芸
〒791-2103 愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4

電話090-8287-1390
FAX 089‐957‐1155

 「俳壇」で連載中の滑稽俳句欄、八木健選による「微苦笑俳壇」の13年間の全作品、3213句が一冊になりました。
「俳句」とは、「滑稽な句」を意味します。俳句の本質は滑稽です。
 明治34年に佐藤紅碌が編んだ滑稽俳句集以来、本格的な滑稽俳句集は、115年ぶりとなります。
  俳句に失われた滑稽を取り戻し、「平成の滑稽」として後世に引き継ぐ歴史的な句集です。

「八木健の川柳アート」第31回愛媛出版文化賞・奨励賞受賞
愛媛新聞の月刊誌「アクリート」で 
大人気の川柳欄の作品、約1000点が、
一冊の本になりました!

定価2500円(税・送料別)

*本の受注・発送
   090-5140-8826(滑稽俳句協会)
   090-8287-1390(えひめ工芸)
 愛媛新聞の月刊誌・「アクリート」で、2005年6月号から「川柳アート」の投稿欄
が始まりました。川柳に滑稽を取り戻すこと。アートをつけて分かりやすくすること。
時事川柳の普及を目指すこと。この三点を目論んでの連載でした。
 この度、第1回から第110回までの10年間に亘り連載された「八木健の川柳アー
ト」の作品およそ1000点をもとに、内容を加筆、追加して一冊の本をつくりました。
 建前に穴をあけて本音を引っ張り出すのが川柳。「穿ち」は川柳の命です。ところ
が、平成の現代、川柳には「穿ち」や質の高い「笑い」が少なくなっています。この
本に掲載されている、穿ちと笑いのある川柳アートとコメントをお楽しみください。

第九回 滑稽俳句大賞 募集要項 
◆応募方法/ 作品は、十句一組で審査します。何組でも応募可。
  メールか封書でご応募ください。
  作品十句、氏名(ふりがな)、〒、住所、電話番号、年齢を明記。
  封書の場合、A4サイズの紙を使用。横使い縦書き。
◆ 賞 / 大賞:一名、五万円。次点:二名、各一万円。
*未発表の作品に限ります。
◆募集期間 / 平成28年11月1日~平成29年1月31日 消印有効
◆投句料/ 一組、二千円。 郵便振込 01600-3-130892 滑稽俳句協会
◆発  表 / 4月下旬、入賞者および会報、ホームページ
◆応募先 / 〒791-2103  愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4   
  滑稽俳句協会 大賞募集係
  メールアドレス  kokkei@kokkeihaikukyoukai.net
  * 応募作品の著作権は主催者に帰属。
◆審査員/ 秋尾敏、池田澄子、上谷昌憲、河村正浩、
  蟇目良雨、冨士眞奈美、八木健




第四回滑稽俳句協会報年間大賞決定!
 
神奈川県 下嶋四万歩
 

「秋行くや七人の敵六人に」

兵庫県 金澤 健
 

「卒業や恩に気付かぬ顔ならべ」

愛媛県 梅岡菊子
 

「切干と呼ぶ大根のなれのはて」


  
 

  

 今月の八木健選 特選句

ご祝儀を甘噛みしてる獅子頭
下嶋四万歩
 「甘噛み」がいい。そりゃそうだ。獅子にとって楮三椏でできた萬札は格別の味なんだから。額が物足りないと、ガブリとやられるから用心用心。
 
これしきのことでは済まぬ女正月
加川すすむ
 詳しい事情は分からんが、女衆が肝玉の小さい男どもに怪気炎をあげた。男が何かやらかしたに違いない。平身低頭、ともかく謝るに限るね。
 
消炭のやうな仲ねとまた燃ゆる
小林英昭
 仲の良さを当事者が評論家みたいな口調で言うところが可笑しい。私達って消し炭やから、強烈には燃え上がらんけど長続きするのよねえ。
 
罠の餌盗んで猪の舌鼓
田中早苗
 猪は頭がいい。何処を触ったら罠にかかるか学習してるんだね。餌を盗んで舌鼓とは癪に触る。今度こそとっ捕まえて、こちらが舌鼓と決意せよ。
 
歌留多とり死角の裾を糺しけり
柳 紅生
 歌留多とりの名人ですな。死角の裾をいかにしてはだけさせるか。作為的と思われぬよう、焦点は裾に合わせても、目線はあくまで手札の方向へ。
 
人は人己は己雪は雪
越前春生
 この句がなぜ可笑しいのか。「人は人」、「己は己」までは人間だが、突然、「雪は雪」ときた。常識人はその意外性にやられるわね。非常識、バンザイ。




 今月の秀逸句  七七をつけてみました

 大寒や足袋も履かずに仁王さま  岡野 満
   ・・・木製やから霜焼け知らず
 
 一日で国平らげる寒波かな 八塚一靑
   ・・・トランプ寒波とでも名付けむ
 
 手枕の手の冷たさや雪女 氏家頼一
   ・・・熱発のときだけにしとけよ
 
 貧乏に暇を出す暇なく師走 小川飩太
   ・・・そなた貧乏の最高位じやん
 
 残り香を深呼吸する春の闇 伊藤洋二
   ・・・そんな香は栄養にゃならん
 
 訪ね来る子らの目的お年玉 井口夏子
   ・・・他に目的考えられる?
 
 スキー服着れば誰もが一流に 井野ひろみ
   ・・・実力よりも見た目で勝負
 
 福引のガラガラポンにもてなされ 稲葉純子
   ・・・ポケットティッシュ両手に溢る
 
 暖冬に日焼してゐる雪女 伊藤浩睦
   ・・・雪も焦げれば黒くなるぞな
 
 スケートは苦手と告げてしがみつき 麻生やよひ
   ・・・しがみつかれた方も苦手で
 
 脳内にゆさぶりかける初句会 森岡香代子
   ・・・句会終えたる脳に穴ポコ
 
 隅つこで膝の屈伸冬座敷 山本 賜
   ・・・周囲見回しでんぐり返し
 
 息殺し袋綴ぢ開く文化の日 壽命秀次
   ・・・雑誌の隠し部屋を覗くや

ページの先頭へ