2018/1/10更新 | ご利用にあたって |
お問い合わせはこちら 会員専用ポスト


   




   
 

「滑稽俳句集」出版のお知らせ
滑稽俳句集

「俳壇」の滑稽句欄が一冊に! 
平成14年7月号から平成27年
3月号までの全3213句を収録。
初版 全308頁

定価3,000円(税・送料別)

*本の問合せ・注文先
えひめ工芸
〒791-2103 愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4

電話090-8287-1390
FAX 089‐957‐1155

 「俳壇」で連載中の滑稽俳句欄、八木健選による「微苦笑俳壇」の13年間の全作品、3213句が一冊になりました。
「俳句」とは、「滑稽な句」を意味します。俳句の本質は滑稽です。
 明治34年に佐藤紅碌が編んだ滑稽俳句集以来、本格的な滑稽俳句集は、115年ぶりとなります。
  俳句に失われた滑稽を取り戻し、「平成の滑稽」として後世に引き継ぐ歴史的な句集です。

「八木健の川柳アート」第31回愛媛出版文化賞・奨励賞受賞
愛媛新聞の月刊誌「アクリート」で 
大人気の川柳欄の作品、約1000点が、
一冊の本になりました!

定価2500円(税・送料別)

*本の受注・発送
   090-5140-8826(滑稽俳句協会)
   090-8287-1390(えひめ工芸)
 愛媛新聞の月刊誌・「アクリート」で、2005年6月号から「川柳アート」の投稿欄
が始まりました。川柳に滑稽を取り戻すこと。アートをつけて分かりやすくすること。
時事川柳の普及を目指すこと。この三点を目論んでの連載でした。
 この度、第1回から第110回までの10年間に亘り連載された「八木健の川柳アー
ト」の作品およそ1000点をもとに、内容を加筆、追加して一冊の本をつくりました。
 建前に穴をあけて本音を引っ張り出すのが川柳。「穿ち」は川柳の命です。ところ
が、平成の現代、川柳には「穿ち」や質の高い「笑い」が少なくなっています。この
本に掲載されている、穿ちと笑いのある川柳アートとコメントをお楽しみください。

第十回 滑稽俳句大賞 募集要項 
◆応募方法/ 作品は、十句一組で審査します。何組でも応募可。
  メールか封書でご応募ください。
  作品十句、氏名(ふりがな)、〒、住所、電話番号、年齢を明記。
  封書の場合、A4サイズの紙を使用。横使い縦書き。
◆ 賞 / 大賞:五万円。次点:一万円。
*未発表の作品に限ります。
◆募集期間 / 平成29年11月1日~平成30年1月31日 消印有効
◆投句料/ 一組、二千円。 郵便振込 01600-3-130892 滑稽俳句協会
◆発  表 / 4月下旬、入賞者および会報、ホームページ
◆応募先 / 〒791-2103  愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4   
  滑稽俳句協会 大賞募集係
  メールアドレス  kokkei@kokkeihaikukyoukai.net
  * 応募作品の著作権は主催者に帰属。
◆審査員/ 秋尾敏、池田澄子、上谷昌憲、河村正浩、小西昭夫、、
  小町圭、蟇目良雨、冨士眞奈美、八木健

第五回滑稽俳句協会報年間大賞決定!
 
愛知県 伊藤浩睦
 

「猛暑日や金魚の赤く茹で上がる」

神奈川県 下嶋四万歩
 

「ご祝儀を甘噛みしてる獅子頭」

神奈川県 青木輝子
 

「四月馬鹿なによりうまい親の脛」


  
 

  

 今月の八木健選 特選句

鬼よりも卑劣なやから追儺かな
横山喜三郎
最近そういう輩(やから)が多いから、どの「やから」か特定するのが難しい。しかし、おそらくアイツだろう。鬼豆ぐらいじゃびくともせんがね。
 
通気性良しと言ひ換へ隙間風
堀川明子
なるほど、「もの」は言いようだね。肥満を立派な体格と言い、激痩せをスリムと言い、不美人の気立てを褒め、勉強嫌いを大器晩成と褒めます。
 
白息にからめとられてゐるベンチ
小林英昭
俳句は、読者参加型文芸。ベンチで話しているのは男女だろうと想像される。白息は女性のものだろう。男性は何を迫られているのだろうか。
 
一円か五円か迷う神の留守
鈴鹿洋子
俳句は正直を書いてこそ共感を得ることができる。しからば、「賽銭に万札もある神迎え」。神様の呟きは、「やはり留守にしちゃあダメだな」。
 
通院の日に二重丸初暦
西をさむ
定年となり家にいると曜日の感覚も忘れがち。こういう工夫は必要だね。えっ、通院はしたが薬を飲み忘れた。「薬飲み終へて暦に赤い丸」。
 
百段の筈が九十九神の留守
山本 賜
ただ単に、数え間違えただけのこと。それを、神が留守のせいだとした。まあ、何段でもいいんだけど、とにかく石段で躓かぬようにお願いします。




 今月の秀逸句  七七をつけてみました

 冬巡業郷に従えモンゴル勢  泉 宗鶴
   ・・・お粗末すぎる相撲協会
 
 悴める手にファスナーの立ち往生 稲葉純子
   ・・・立ち往生に立ち往生か
 
 叩かれるさだめや小春日の布団 本門明男
   ・・・夫婦喧嘩の後は強めに
 
 あの人へ取り敢えず出す年賀状 岡野 満
   ・・・添へ書きもまたありきたりなる
 
 初雪にひらひら踊る両手かな 井口夏子
   ・・・ガラケイすらも使ひこなせず
 
 巫女の恋目を光らせて留守の神 髙田敏男
   ・・・留守の神にも目を光らせよ
 
 置き書きにダーリンとあり鎌鼬 赤瀬川至安
   ・・・紅茶のダージリンのことかも
 
 懐の翳を乾かす日向ぼこ 柳 紅生
   ・・・手元不如意で湿つてたのか
 
 白菜を泣かせてすわる重石かな 越前春生
   ・・・石には辛く当たる意思なくる
 
 火鉢にも第二の人生植木鉢 中井 勇
   ・・・余生温める火鉢の失せて
 
 神無月留守を預かる貧乏神 小川飩太
   ・・・小銭じやらじやらさせてコンビニ
 
 大根でも器量の佳きはすぐ売れて 久松久子
   ・・・大根足は売れ残るのに
 
 家出するつもりの犬の防寒着 南とんぼ
   ・・・いろはかるたの棒に当たるぞ

ページの先頭へ