2016/12/5更新 | ご利用にあたって |
お問い合わせはこちら 会員専用ポスト


   




   
 

「滑稽俳句集」出版のお知らせ
滑稽俳句集

「俳壇」の滑稽句欄が一冊に! 
平成14年7月号から平成27年
3月号までの全3213句を収録。
初版 全308頁

定価3,000円(税・送料別)

*本の問合せ・注文先
えひめ工芸
〒791-2103 愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4

電話090−8287−1390
FAX 089‐957‐1155

 「俳壇」で連載中の滑稽俳句欄、八木健選による「微苦笑俳壇」の13年間の全作品、3213句が一冊になりました。
「俳句」とは、「滑稽な句」を意味します。俳句の本質は滑稽です。
 明治34年に佐藤紅碌が編んだ滑稽俳句集以来、本格的な滑稽俳句集は、115年ぶりとなります。
  俳句に失われた滑稽を取り戻し、「平成の滑稽」として後世に引き継ぐ歴史的な句集です。

「八木健の川柳アート」第31回愛媛出版文化賞・奨励賞受賞
愛媛新聞の月刊誌「アクリート」で 
大人気の川柳欄の作品、約1000点が、
一冊の本になりました!

定価2500円(税・送料別)

*本の受注・発送
   090-5140-8826(滑稽俳句協会)
   090-8287-1390(えひめ工芸)
 愛媛新聞の月刊誌・「アクリート」で、2005年6月号から「川柳アート」の投稿欄
が始まりました。川柳に滑稽を取り戻すこと。アートをつけて分かりやすくすること。
時事川柳の普及を目指すこと。この三点を目論んでの連載でした。
 この度、第1回から第110回までの10年間に亘り連載された「八木健の川柳アー
ト」の作品およそ1000点をもとに、内容を加筆、追加して一冊の本をつくりました。
 建前に穴をあけて本音を引っ張り出すのが川柳。「穿ち」は川柳の命です。ところ
が、平成の現代、川柳には「穿ち」や質の高い「笑い」が少なくなっています。この
本に掲載されている、穿ちと笑いのある川柳アートとコメントをお楽しみください。

第九回 滑稽俳句大賞 募集要項 
◆応募方法/ 作品は、十句一組で審査します。何組でも応募可。
  メールか封書でご応募ください。
  作品十句、氏名(ふりがな)、〒、住所、電話番号、年齢を明記。
  封書の場合、A4サイズの紙を使用。横使い縦書き。
◆ 賞 / 大賞:一名、五万円。次点:二名、各一万円。
*未発表の作品に限ります。
◆募集期間 / 平成28年11月1日〜平成29年1月31日 消印有効
◆投句料/ 一組、二千円。 郵便振込 01600-3-130892 滑稽俳句協会
◆発  表 / 4月下旬、入賞者および会報、ホームページ
◆応募先 / 〒791-2103  愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4   
  滑稽俳句協会 大賞募集係
  メールアドレス  kokkei@kokkeihaikukyoukai.net
  * 応募作品の著作権は主催者に帰属。
◆審査員/ 秋尾敏、池田澄子、上谷昌憲、河村正浩、
  蟇目良雨、冨士眞奈美、八木健




第四回滑稽俳句協会報年間大賞決定!
 
神奈川県 下嶋四万歩
 

「秋行くや七人の敵六人に」

兵庫県 金澤 健
 

「卒業や恩に気付かぬ顔ならべ」

愛媛県 梅岡菊子
 

「切干と呼ぶ大根のなれのはて」


  
 

  

 今月の八木健選 特選句

任せると云つて口出す松手入れ
金澤 健
 見ていられない性分なんですね。子どもの教育も胎教から始めないと。良い音楽を聴き良い文学に接し、それに…。じゃあ、あんた自分で産みなよ。
 
どんぐりや甲乙丙丁みな仏
田村米生
 「どんぐり」達は、幼馴染。甲乙丙丁は秀才も餓鬼大将もということか。みんなホトケになっちまった。無常観をからりと表現した。
 
ご同役には掃かれじと濡れ落葉
都吐夢
 濡れ落葉の分際でいつまで地べたにしがみついているのじゃ。何を言うか、箒を手にしている貴殿とて同じ濡れ落葉。決して掃かれまいぞ。
 
密会のための胡桃の部屋リース
小林英昭
 胡桃のいくつもの個室がレンタルで使えるとは知らなんだ。交わされる濃密な会話は、蜜の味。しかし、ダイエットせねば入室出来んなあ。
 
貧乏神は半額でよし神の旅 
高橋きのこ
 旅費を値切るなんて、何となく落語的でおかしい。石原さんや、舛添さんみたいなセレブ旅行の神について行けばいい。無料にしてくれるかもね。
 
鉄砲という悲しみで熊を狩る
八塚一ヨ
 人間の生活圏に現れては熊や猪が殺される。危害があってはならないので致し方ないのだが哀れを感じる。鉄砲は怒りではなく悲しみで使われた。




 今月の秀逸句  七七をつけてみました

 ドローンを監視するドローン秋高し  秋月裕子
   ・・・季語のプラスを監視で裏切り
 
 大賞を貶して通る菊花展 井口夏子
   ・・・評価基準を曲げる情実
 
 婿殿に秋茄子食はすべきや否や 小川飩太
   ・・・入り婿はホレ嫁も同然
 
 立冬が肩怒らせてやつて来た 稲葉純子
   ・・・秋が未練に去りたるあとに
 
 瞑想台風三日三晩も坐り込み 伊藤浩睦
   ・・・気象予報士衣装に困る
 
 栗弁も知事も飛びます羽田行 久我正明
   ・・・知事はほくほく栗弁が好き
 
 お腹いつぱいでも柿だけは入る 赤瀬川至安
   ・・・渋抜き前の柿にしてみろ
 
 根性の枯葉一枚木にすがる 梅岡菊子
   ・・・その木は多分男前だな
 
 膝元に姫を侍らし歌留多とり 柳 紅生
   ・・・歌に詠まれし愛を体感
 
 凩や階段で止む発車ベル 加川すすむ
   ・・・苦笑いして照れ笑いして
 
 大根を抜いて大地を緩ましむ 下嶋四万歩
   ・・・駅前ならば陥没事故に
 
 幾何の苦労思い出させるおでん鍋 花岡直樹
   ・・・いつまで経っても学生気分
 
 グリルてふ焼場に秋刀魚葬れり 新島里子
   ・・・粉山椒で焼香するや

ページの先頭へ