2018/10/6更新 | ご利用にあたって |
お問い合わせはこちら 会員専用ポスト


   




   
 

「滑稽俳句集」出版のお知らせ
滑稽俳句集

「俳壇」の滑稽句欄が一冊に! 
平成14年7月号から平成27年
3月号までの全3213句を収録。
初版 全308頁

定価3,000円(税・送料別)

*本の問合せ・注文先
えひめ工芸
〒791-2103 愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4

電話090-8287-1390
FAX 089‐957‐1155

 「俳壇」で連載中の滑稽俳句欄、八木健選による「微苦笑俳壇」の13年間の全作品、3213句が一冊になりました。
「俳句」とは、「滑稽な句」を意味します。俳句の本質は滑稽です。
 明治34年に佐藤紅碌が編んだ滑稽俳句集以来、本格的な滑稽俳句集は、115年ぶりとなります。
  俳句に失われた滑稽を取り戻し、「平成の滑稽」として後世に引き継ぐ歴史的な句集です。

「八木健の川柳アート」第31回愛媛出版文化賞・奨励賞受賞
愛媛新聞の月刊誌「アクリート」で 
大人気の川柳欄の作品、約1000点が、
一冊の本になりました!

定価2500円(税・送料別)

*本の受注・発送
   090-5140-8826(滑稽俳句協会)
   090-8287-1390(えひめ工芸)
 愛媛新聞の月刊誌・「アクリート」で、2005年6月号から「川柳アート」の投稿欄が始まりました。川柳に滑稽を取り戻すこと。アートをつけて分かりやすくすること。
時事川柳の普及を目指すこと。この三点を目論んでの連載でした。
 この度、第1回から第110回までの10年間に亘り連載された「八木健の川柳アート」の作品およそ1000点をもとに、内容を加筆、追加して一冊の本をつくりました。
 建前に穴をあけて本音を引っ張り出すのが川柳。「穿ち」は川柳の命です。ところが、平成の現代、川柳には「穿ち」や質の高い「笑い」が少なくなっています。この本に掲載されている、穿ちと笑いのある川柳アートとコメントをお楽しみください。

第十一回 滑稽俳句大賞 募集要項 
◆応募方法/ 作品は、十句一組で審査します。何組でも応募可。
  メールか封書でご応募ください。
  作品十句、氏名(ふりがな)、〒、住所、電話番号、年齢を明記。
  封書の場合、A4サイズの紙を使用。横使い縦書き。
◆ 賞 / 大賞:五万円。次点:一万円。
*未発表の作品に限ります。
◆募集期間 / 平成30年11月1日~平成31年1月31日 消印有効
◆投句料/ 一組、二千円。 郵便振込 01600-3-130892 滑稽俳句協会
◆発  表 / 4月下旬、入賞者および会報、ホームページ
◆応募先 / 〒791-2103  愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4   
  滑稽俳句協会 大賞募集係
  メールアドレス  kokkei@kokkeihaikukyoukai.net
  * 応募作品の著作権は主催者に帰属。
◆審査員/ 秋尾敏、池田澄子、上谷昌憲、河村正浩、小西昭夫、、
  小町圭、蟇目良雨、冨士眞奈美、八木健

第六回滑稽俳句協会報年間大賞決定!
 
東京都 八塚一靑
 

「真夜中の突貫工事霜柱」

愛媛県 堀川明子
 

「鼻の穴ばかり見せられ黄水仙」

長野県 横山喜三郎
 

「入試絵馬ぶつかり合うて春疾風」


  
 

今月の特選句

手づかみで買はれてこその秋刀魚かな

吉原瑞雲

昨今、高値の秋刀魚は宝物のように扱われる。そのことが作者は不満なのである。昔は手掴みで「こんだけ」と言い、安価で庶民の味方だったなあ。

クワガタのチクチクとして心地いい

山下正純

少年の頃の思い出でしょうね。正純少年にとってクワガタは親友だった。クワガタを見ると、当時の皮膚感覚が蘇る。最も強い印象が俳句になった。

パトカーに付き纏われる厄日かな

下嶋四万歩

厄日とは俳句では「二百十日」のこと。農家にとっては特に要注意の日。パトカーを見かけた時も要注意。疑いの目で見られることも確かに厄日。

駅を出で西日のあいさつお呼びでない

土屋泰山

駅にある西口と東口。夕方、西口から出れば大方こんなことに。西日は待ち伏せしているのである。西日に悪意はないのだろうが、挨拶も迷惑。

高値の数字ちらと見るだけ初秋刀魚

堀川明子

「店頭や秋刀魚を見ずに値札見る」という奴だね。ニュースで高値と知っていても値札を見て確認。これが松茸だと、最初からチラとも見ない。

夕焼道我が影あしながおじさんに

本門明男

西日を背に受けて立つと足長になる。愉快だ。『あしながおじさん』の小説にもつながり優しい気分にもなる。よし、裕次郎になりきって帰るか。




 今月の秀逸句  七七をつけてみました

 一太刀は居合抜きなり秋の雷  髙田敏男
   ・・・返す刀で列島ずたずた
 
 囮鮎渡る世間は罠ばかり 柳 紅生
   ・・・水の中でも気を許せない
 
 七三にぴつちり分けてくる野分 小林英昭
   ・・・そんなに野分紳士なのかよ
 
 脱ぎ捨ては我にもありて蝉の殻 久松久子
   ・・・蝉じやないから度々着るが
 
 水馬に付けてやり度き滑り止め 白井道義
   ・・・あめんぼといふ甘えん坊に
 
 走ったら会いにいけそな月がある 井口夏子
   ・・・抱くにやちょっと大き過ぎるか
 
 新涼の水に溺れる新豆腐 稲葉純子
   ・・・二つの季語で水あふれさせ
 
 割り箸を折つて胡瓜の馬の脚 岡田廣江
   ・・・上手く出来たよハイセイコーだ
 
 米茄子の尻重たげに厨かな 太田史彩
   ・・・尻のでかくて多産系なる
 
 落蟬や成さねばならぬに野垂れ死に 田中 勇
   ・・・駄目駄目人は百歳時代
 
 三頭身いづれも合はぬ宿浴衣 田中早苗
   ・・・一晩ぐらい我慢をしなよ
 
 この夏の右の左の工事音 山本 賜
   ・・・その分暑い夏となったか
 
 前方後円に卓袱台並べて盆支度 原田 曄
   ・・・卓袱台どれも昭和のかたち

ページの先頭へ