2018/5/12更新 | ご利用にあたって |
お問い合わせはこちら 会員専用ポスト


   




   
 

「滑稽俳句集」出版のお知らせ
滑稽俳句集

「俳壇」の滑稽句欄が一冊に! 
平成14年7月号から平成27年
3月号までの全3213句を収録。
初版 全308頁

定価3,000円(税・送料別)

*本の問合せ・注文先
えひめ工芸
〒791-2103 愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4

電話090-8287-1390
FAX 089‐957‐1155

 「俳壇」で連載中の滑稽俳句欄、八木健選による「微苦笑俳壇」の13年間の全作品、3213句が一冊になりました。
「俳句」とは、「滑稽な句」を意味します。俳句の本質は滑稽です。
 明治34年に佐藤紅碌が編んだ滑稽俳句集以来、本格的な滑稽俳句集は、115年ぶりとなります。
  俳句に失われた滑稽を取り戻し、「平成の滑稽」として後世に引き継ぐ歴史的な句集です。

「八木健の川柳アート」第31回愛媛出版文化賞・奨励賞受賞
愛媛新聞の月刊誌「アクリート」で 
大人気の川柳欄の作品、約1000点が、
一冊の本になりました!

定価2500円(税・送料別)

*本の受注・発送
   090-5140-8826(滑稽俳句協会)
   090-8287-1390(えひめ工芸)
 愛媛新聞の月刊誌・「アクリート」で、2005年6月号から「川柳アート」の投稿欄
が始まりました。川柳に滑稽を取り戻すこと。アートをつけて分かりやすくすること。
時事川柳の普及を目指すこと。この三点を目論んでの連載でした。
 この度、第1回から第110回までの10年間に亘り連載された「八木健の川柳アー
ト」の作品およそ1000点をもとに、内容を加筆、追加して一冊の本をつくりました。
 建前に穴をあけて本音を引っ張り出すのが川柳。「穿ち」は川柳の命です。ところ
が、平成の現代、川柳には「穿ち」や質の高い「笑い」が少なくなっています。この
本に掲載されている、穿ちと笑いのある川柳アートとコメントをお楽しみください。

第十回滑稽俳句大賞審査結果発表 
  
第十回滑稽俳句大賞の大賞は、堀川明子氏の作品に決定致しました!
◆ 大賞 堀川明子
わが町の絶滅危惧種こいのぼり
運転で決まる田植の上手い下手
梅雨入りの今日は無罪の雨女
日傘さす光合成せぬヒトなれば
水泳が下手で子どもを溺愛す
七夕や短冊に書くエゴイズム
別腹の常連となり薩摩芋
お茶碗を丼に替へ今年米
紙の本なんて呼ばれて文化の日
煩悩の尽くことなしや除夜の鐘




第五回滑稽俳句協会報年間大賞決定!
 
愛知県 伊藤浩睦
 

「猛暑日や金魚の赤く茹で上がる」

神奈川県 下嶋四万歩
 

「ご祝儀を甘噛みしてる獅子頭」

神奈川県 青木輝子
 

「四月馬鹿なによりうまい親の脛」


  
 

  

 今月の八木健選 特選句

鼻の下伸び縮みさせ花粉症
堀川明子
可笑しい風景を生活の中に発見すること。これが滑稽俳句の第一歩である。主人公は絶世の美女かも。読者の想像で可笑しさが増幅する。
 
山笑ふツボに嵌つてしまひけり
小川飩太
対象の擬人化で大方は滑稽句となる。そして誇張で可笑しさが増す。
句末の「けり」をやめて「笑う山ツボに嵌つてしまひたる」としてもよい。
 
大陸の言語飛び交う花名所
有冨洋二
俳句には時代を記録する機能がある。これまで誰も句材として目をつけて
いないものを見つけ、誰もしていない表現ができれば、俳壇史に残る。
 
風強し春何番か解らない
赤瀬川至安
肩の力を抜いたとき、滑稽句が生まれる。わからないから「わからない」と
正直に書いた。それが結果として「ヒネリ」となっているのである。
 
雪とけて村一ぱいの爺と婆
荒井良明
小林一茶の句を本句取りしたもの。本句の「子どもかな」を、真逆の「爺と婆」にして現代を描いた。笑いと哀しさが表裏一体となった一句。
 
親の背を見て後継がぬ卒業子
青木輝子
既成観念を裏切ることで滑稽が生まれた。これは現実を凝視したときに可能となる。誰も発見していない真実を見つけたのである。




 今月の秀逸句  七七をつけてみました

 天に告げ口真つ逆様に落雲雀  相原共良
   ・・・告げ口鳥と改名するか
 
 五七五の会話をかはし黄水仙 田中 勇
   ・・・俳人なみの感性をもつ
 
 矢印に案内されて桜餅 林 桂子
   ・・・食べたいのなら逆らわぬこと
 
 咲き競ふお花見女子の膝頭 壽命秀次
   ・・・若いパワーをいただきたいね
 
 長靴の単純骨折春の水 久我正明
   ・・・素直で単純これが一番
 
 スカートをめくつて無罪春一番 上山美穂
   ・・・ならばワタシも風になりたい
 
 人ごみにこっそり捨てにゆく春愁 小林英昭
   ・・・人によつてはトラック一杯
 
 看護師のあの手この手のあたたかし 飛田正勝
   ・・・人の優しさ何よりも効く
 
 呑みすぎの気休めに飲む蜆汁 田村米生
   ・・・サプリメントと比べたらヨシ
 
 トランプの立てたる指や冴返る 原田 曄
   ・・・今年の寒さこれで納得
 
 蹲(つくばい)に赤き声あぐ落椿 久松久子
   ・・・第二の人生まだまだ美(は)しき
 
 ふるくさい言葉で誉める春の城 山本 賜
   ・・・誰も詠めない俳句で誉めよ
 
 ドレミファを外し大声一年生 渡部美香
   ・・・将来きっと大物になる

ページの先頭へ