2019/5/11更新 | ご利用にあたって |
お問い合わせはこちら 会員専用ポスト


   

83回 八木健のCATV俳句

75回 川柳天国


   
 



第十一回滑稽俳句大賞審査結果発表 
  
第十一回滑稽俳句大賞の大賞は、堀川明子氏の作品に決定致しました!
◆ 大賞 堀川明子
調律の真最中の初音かな
めまとひに一重二重の差別なし
矢面に立つてやるぞと草矢受く
夏痩せのグラム単位の自慢かな
ストーカーされる宿命道をしへ
地芝居のセリフ訛りは本格派
善き人とならねばならぬ赤い羽根
冬耕や乾燥肌の地球掻く
前カゴに大根ペダルに大根足
七難を隠してくれるマスクかな




今月の特選句

身につきし我慢宝に卒業す

横山喜三郎

この子は成績はパッとしなかったけど根気強くなったねえ。「学力よりも我慢が宝」とは納得の人生訓。何事も継続は力なり。俳句もそうだわね。

花好きに取り巻かれたる標本木

門田智子

今日こそ開花宣言されるかと、愛好家は虫眼鏡を片手に標本木の蕾を凝視。この光景は、桜好きの日本人の共感を呼び、可笑しい。

春泥や何するんでぃべらぼうめ

土屋泰山

こちとらなりたくて春泥になったわけじゃねえんだよ。このオタンコナス。チョコザイな雪が降ったら長靴履いて歩けてんだ。馬鹿野郎。

お揃いで真面目に咲いてチューリップ

山本 賜

チューリップには邪心がない。複雑がない。色も形も単純明快。真面目で純真だからからかったりできないタイプである。直立でハイと大きな返事。

春の鬱まともなる句を駄句といふ

村山好昭

俳句の「俳」は、「滑稽」という意味である。勝手に言ってるんじゃなくて、文学の歴史書、辞書に書いてある。滑稽俳人こそ、まともなんだけどね。

踏青や手にドローンの操縦桿

工藤泰子

踏青にドローンが登場しましたか。想像しただけで楽しい緊張感とワクワク感があるね。「踏青」という伝統的な季語が、まったく新しくなった。


 今月の秀逸句  七七をつけてみました

 花見弁当スーパーの勝負どこ   井口夏子
   ・・・見た目重視か味を重視か
 
 忘れたることはさておき茗荷汁 稲沢進一
   ・・・小さい事にくよくよするな
 
 花筵大の字になり風抑ふ 柳 紅生
   ・・・四肢の長きにものを言はせて
 
 鬼の形相つくし摘む友は 吉川正紀子
   ・・・ジキル博士がハイド氏になる
 
 恋人が出来たか春のデイサービス 田中早苗
   ・・・急にいそいそ出かけ始めて
 
 あゝ言えばこう言う古妻かたつむり 青木輝子
   ・・・口では勝てずだんまり作戦 
 
 充電が済めば放電猫の恋 稲葉純子
   ・・・電気料金に換算してみむ
 
 改元をしても五月は五月かな 西をさむ
   ・・・令和最初のピカピカなれど
 
 花疲とは幸せな人が云ふ 土屋虹魚
   ・・・不幸な人は端から疲れ
 
 猟銃のやうに抱へて春財布 桑田愛子
   ・・・こいつあ春から威勢がええわい
 
 啓蟄の穴から首を出して何処 本門明男
   ・・・自分が誰かは分かつているね
 
 落つる時を囁き交はす椿かな 井野ひろみ
   ・・・示し合はせて碧梧桐待つ
 
 MとL両方試着春の服 堀川明子
   ・・・お腹出したり引つ込めたりと


第六回滑稽俳句協会報年間大賞決定!
 
東京都 八塚一靑
 

「真夜中の突貫工事霜柱」

愛媛県 堀川明子
 

「鼻の穴ばかり見せられ黄水仙」

長野県 横山喜三郎
 

「入試絵馬ぶつかり合うて春疾風」


  
 

ページの先頭へ