2017/11/8更新 | ご利用にあたって |
お問い合わせはこちら 会員専用ポスト


   




   
 

「滑稽俳句集」出版のお知らせ
滑稽俳句集

「俳壇」の滑稽句欄が一冊に! 
平成14年7月号から平成27年
3月号までの全3213句を収録。
初版 全308頁

定価3,000円(税・送料別)

*本の問合せ・注文先
えひめ工芸
〒791-2103 愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4

電話090-8287-1390
FAX 089‐957‐1155

 「俳壇」で連載中の滑稽俳句欄、八木健選による「微苦笑俳壇」の13年間の全作品、3213句が一冊になりました。
「俳句」とは、「滑稽な句」を意味します。俳句の本質は滑稽です。
 明治34年に佐藤紅碌が編んだ滑稽俳句集以来、本格的な滑稽俳句集は、115年ぶりとなります。
  俳句に失われた滑稽を取り戻し、「平成の滑稽」として後世に引き継ぐ歴史的な句集です。

「八木健の川柳アート」第31回愛媛出版文化賞・奨励賞受賞
愛媛新聞の月刊誌「アクリート」で 
大人気の川柳欄の作品、約1000点が、
一冊の本になりました!

定価2500円(税・送料別)

*本の受注・発送
   090-5140-8826(滑稽俳句協会)
   090-8287-1390(えひめ工芸)
 愛媛新聞の月刊誌・「アクリート」で、2005年6月号から「川柳アート」の投稿欄
が始まりました。川柳に滑稽を取り戻すこと。アートをつけて分かりやすくすること。
時事川柳の普及を目指すこと。この三点を目論んでの連載でした。
 この度、第1回から第110回までの10年間に亘り連載された「八木健の川柳アー
ト」の作品およそ1000点をもとに、内容を加筆、追加して一冊の本をつくりました。
 建前に穴をあけて本音を引っ張り出すのが川柳。「穿ち」は川柳の命です。ところ
が、平成の現代、川柳には「穿ち」や質の高い「笑い」が少なくなっています。この
本に掲載されている、穿ちと笑いのある川柳アートとコメントをお楽しみください。

第十回 滑稽俳句大賞 募集要項 
◆応募方法/ 作品は、十句一組で審査します。何組でも応募可。
  メールか封書でご応募ください。
  作品十句、氏名(ふりがな)、〒、住所、電話番号、年齢を明記。
  封書の場合、A4サイズの紙を使用。横使い縦書き。
◆ 賞 / 大賞:五万円。次点:一万円。
*未発表の作品に限ります。
◆募集期間 / 平成29年11月1日~平成30年1月31日 消印有効
◆投句料/ 一組、二千円。 郵便振込 01600-3-130892 滑稽俳句協会
◆発  表 / 4月下旬、入賞者および会報、ホームページ
◆応募先 / 〒791-2103  愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4   
  滑稽俳句協会 大賞募集係
  メールアドレス  kokkei@kokkeihaikukyoukai.net
  * 応募作品の著作権は主催者に帰属。
◆審査員/ 秋尾敏、池田澄子、上谷昌憲、河村正浩、小西昭夫、、
  小町圭、蟇目良雨、冨士眞奈美、八木健

第五回滑稽俳句協会報年間大賞決定!
 
愛知県 伊藤浩睦
 

「猛暑日や金魚の赤く茹で上がる」

神奈川県 下嶋四万歩
 

「ご祝儀を甘噛みしてる獅子頭」

神奈川県 青木輝子
 

「四月馬鹿なによりうまい親の脛」


  
 

  

 今月の八木健選 特選句

大差なくみな六十年の干し柿に
石塚柚彩
同級会の風景ですね。かつてはナンバーワンの美人も、十人並みの私も、似たような外見でひと安心。だけどあの憧れのイケメン君の老け方は残念。
 
生身魂老いても押せる横車
青木輝子
老人車のことかと思ったら、「横車」なんだね。「三つ子の魂百まで」だから、「根性悪」は治らん。横車を押して、どんどん暴れるのが元気の素よ。
 
色づいて尻でかくなり柿の秋
村松道夫
食べ頃ですなあ。虫がつかないうちに出さんと。熟れ過ぎもよろしくありませんし。この句は柿の句であって、「取り合せ」の娘さんの句ではないよ。
 
宝くじ露けき夢に支へられ
柳 紅生
 「宝くじは当たらないものの代表だけど、唯一、当たったのは嫁さんよ。別嬪で優しくてさ」「あんた、口だけは上手いね。俳句よりずっと巧いわ」。
 
秋天に吊り上げられて象の鼻
新島里子
同じものを見ても異なる捉え方、発想をする。これが俳句の面白さだね。「秋天をくすぐつてゐる象の鼻」「秋天に届くはずなき象の鼻」。
 
秋深し隣は孫の来ておりぬ
西をさむ
隣家には孫が来て、我が家には来ない。爺ちゃんが俳句つくれと言うから敬遠してるのよ。小遣いをくれと言わないロボットでも買いましょうか。




 今月の秀逸句  七七をつけてみました

 悪童が狛犬いぢめ神の留守  本門明男
   ・・・狛犬嫌がり阿とか吽とか
 
 新蕎麦やもりかけざるの伏魔殿 八洲忙閑
   ・・・ずるいずるいの音立てて食ふ
 
 村芝居悪の越後屋籤(くじ)で決め 田村米生
   ・・・濡れ場の役は希望者多く
 
 松茸嗅ぐ貧しき性は持たねども 越前春生
   ・・・鼻が勝手に嗅いでしまうよ
 
 答弁も吹けば飛ぶよな赤い羽根 加川すすむ
   ・・・羽根は議員の胸を嫌がり
 
 仮分数の順列である曼珠沙華 久我正明
   ・・・あたまでかちを難しく言い
 
 天高く馬の骨にも肉が付き 下嶋四万歩
   ・・・そいつは何処の馬の骨なの
 
 吊り橋に止まりて揺らし赤とんぼ 梅野光子
   ・・・五万匹なら揺れるだろうか
 
 銀杏の実嗅いでおこうと公園へ 山本 賜
   ・・・みんなが嫌う臭いをなぜに
 
 鶏頭も熟女めきたる子規の庭 太田史彩
   ・・・十四五人というわけですね
 
 色々な色なき風が秋の色 伊藤浩睦
   ・・・心象の色絵の具で出せず
 
 仇討ちのやうに秋の蚊打ちにけり 白井道義
   ・・・大切な血を吸いやがったな
 
 生身魂ネット御宅となりにけり 久松久子
   ・・・ニュース見るのもユーチューブだけ

ページの先頭へ