2019/2/16更新 | ご利用にあたって |
お問い合わせはこちら 会員専用ポスト


   

83回 八木健のCATV俳句

75回 川柳天国


   
 



第十一回 滑稽俳句大賞 募集要項 
◆応募方法/ 作品は、十句一組で審査します。何組でも応募可。
  メールか封書でご応募ください。
  作品十句、氏名(ふりがな)、〒、住所、電話番号、年齢を明記。
  封書の場合、A4サイズの紙を使用。横使い縦書き。
◆ 賞 / 大賞:五万円。次点:一万円。
*未発表の作品に限ります。
◆募集期間 / 平成30年11月1日~平成31年1月31日 消印有効
◆投句料/ 一組、二千円。 郵便振込 01600-3-130892 滑稽俳句協会
◆発  表 / 4月下旬、入賞者および会報、ホームページ
◆応募先 / 〒791-2103  愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4   
  滑稽俳句協会 大賞募集係
  メールアドレス  kokkei@kokkeihaikukyoukai.net
  * 応募作品の著作権は主催者に帰属。
◆審査員/ 秋尾敏、池田澄子、上谷昌憲、河村正浩、小西昭夫、、
  小町圭、蟇目良雨、冨士眞奈美、八木健

今月の特選句

宇宙より天国近し初湯浴び

柳 紅生

いい湯だなハハン~♪ こりゃあ極楽じゃ。極楽は天国にあるなあ。こんな身近に天国があるとは有り難い。天国より宇宙の方が遠いことを発見。

若者のやばいやばいと食うおでん

壽命秀次

若者の使う「やばい」は、「素晴らしい」とか「美味しい」などの肯定的な意味。新語にゃついていけんと言う人は、本来の意味の「やばい」ですぞ。

高望む初天神の絵馬に誤字

八塚一靑

これは、ちと恥ずかしい。この国語力で、この大学の合格祈願と言われてもなあ。頼まれる神様も、これでは応援する気が失せるというもの。

安堵にも疲れのまじる大晦日

井口夏子

分かる分かる。疲れるほど頑張ったということよ。若い時と違って、無理をすると疲れという副産物がついてくる。そろりそろり脳天気で行こう。

へそくりの見つからぬまま掃納

久松久子

もしかしたら、隠し忘れたままのヘソクリが出てくるかも。期待を胸に年末の掃除をしてみたが、結局発見できず。なんだかどっと疲れが出るね。

新鮮を競う初日とビアの泡

花岡直樹

俳句の素晴らしさは、わずか十七音で哲学を語れること。眼前の自然を見つめ、来し方を顧みて、我が人生を一句に総括できるのである。


 今月の秀逸句  七七をつけてみました

 一族の下足の揃うお正月   青木輝子
   ・・・靴を数えて年玉用意
 
 首の長さ徳利セーターに測らせる 田中晴美
   ・・・そのアバウトな長さがええなあ
 
 ものの見事に断捨離の冬木立 廣田弘子
   ・・・冬の木立は自然にできた
 
 日常のことが気がかり三ケ日 林 桂子
   ・・・松が明ければ句会が気になる
 
 マスクしてやっと十人並の貌 小川飩太
   ・・・マスクの顔を褒めたらいかん
 
 咳きてわが悪口を止めにけり 小林英昭
   ・・・地獄耳にはこれが有効 
 
 司会者に食べる余裕のなき師走 赤瀬川至安
   ・・・折詰にしてくれとも言えず
 
 巻頭は歳暮の高価なる人に 伊藤浩睦
   ・・・そんな結社はお金がかかる
 
 父のような父にはならぬ煤払い 久我正明
   ・・・父のようには「なれぬ」がホント
 
 残り物には福があるとか福袋 山下正純
   ・・・売れ残りとは言い難いから
 
 たちまち主役手土産の冬蜜柑 山本 賜
   ・・・脇役となる苺大福
 
 新玉の句句句と笑ふ五七五 吉川正紀子
   ・・・ひとり遊びにや俳句が一番
 
 時の円周率去年今年去年今年 稲葉純子
   ・・・貫く棒の見つからぬまま


第六回滑稽俳句協会報年間大賞決定!
 
東京都 八塚一靑
 

「真夜中の突貫工事霜柱」

愛媛県 堀川明子
 

「鼻の穴ばかり見せられ黄水仙」

長野県 横山喜三郎
 

「入試絵馬ぶつかり合うて春疾風」


  
 

ページの先頭へ