2019/9/18更新 | ご利用にあたって |
お問い合わせはこちら 会員専用ポスト


   

91回 俳句遊遊

83回 川柳天国


   
 



第十ニ回 滑稽俳句大賞 募集要項 
◆応募方法/ 作品は、十句一組で審査します。何組でも応募可。
  メールか封書でご応募ください。
  作品十句、氏名(ふりがな)、〒、住所、電話番号、年齢を明記。
  封書の場合、A4サイズの紙を使用。横使い縦書き。
◆ 賞 / 大賞:五万円。次点:一万円。
*未発表の作品に限ります。
◆募集期間 / 令和元年11月1日~令和二年1月31日 消印有効
◆投句料/

一組、二千円。 ゆうちょ銀行 01600-3-130892 滑稽俳句協会
※現金や為替での送金は不可。

◆発  表 / 4月下旬、入賞者および会報、ホームページ
◆応募先 / 〒791-2103  愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4   
  滑稽俳句協会 大賞募集係
  メールアドレス  kokkei@kokkeihaikukyoukai.net
  * 応募作品の著作権は主催者に帰属。
◆審査員/ 秋尾敏  浅井民子  上谷昌憲  河村正浩  菅野孝夫
  小西昭夫  小町圭  嶋田麻紀  蟇目良雨  八木健

今月の特選句

蜘蛛守宮怪しき家の警備員

山下正純

蜘蛛は益虫なんだよね。守宮も玄関先の虫を退治してくれる。だから、確かに警備員なんだが、夜間の仕事で、たしかに怪しげな存在である。

ひらひらチョンきくきくチョチョン盆踊

椋本望生

なるほど、声に出してみるとそのまま踊れるような気がする。こういう自在な表現こそ滑稽句。「すらすら五ちょんちょん七にさらりと五」。

絵日記にたたみこまれる蝉の声

森岡香代子

音声を記録するのに「たたみこまれる」の表現が面白い。「絵日記にしみこませたる蝉の声」では、ちょっと芭蕉のパクリになるからね。

自転するタライの中の西瓜かな

八塚一靑

ちょんとつつけばグルグル回転する西瓜。そういえば西瓜は地球に似ている。タライは小宇宙だね。「地球も自転タライの西瓜見習って」。

絵日記の主役となりし雲の峰

堀川明子

雲の峰は存在感がある。圧倒的な大きさが印象に残ったのだろう。ただ、絵にするのはなかなか難しい。うまく描けたらいいね。

腰かける石の中より蝉の声

久我正明

芭蕉の「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」が、三百年余り後にこんな展開を見せるとは翁も吃驚だろう。発想の豊かさが楽しい句となった。


 今月の秀逸句  七七をつけてみました

 ストローをスルスルのぼりアイスティー   上山美穂
   ・・・スで韻を踏みお洒落な一句に
 
 夏料理ほめる言葉は一様で 山本 賜
   ・・・ご一同様以下同文で
 
 端っから泳ぐ気の無い水着かな 小川飩太
   ・・・切れ端などを有効活用
 
 夕焼けて文化遺産の千枚田 本門明男
   ・・・お天道様が照明係
 
 一斉に万の顎上ぐ揚花火 田村米生
   ・・・喉仏にも花火見せるや
 
 目を凝らし夢を見てをり夏期講座 柳 紅生
   ・・・参加に意義があるというけど 
 
 振舞水なくて自販機探しけり 荒井 類
   ・・・四国においでお接待あるよ
 
 蚊帳の中酸素が不足してをりぬ 伊藤浩睦
   ・・・蚊帳が目詰まりしたかもしれぬ
 
 チョン切られ百足二手に逃げ惑う 相原共良
   ・・・形状記憶とならぬ哀れよ
 
 骨密度しかと知らねど鰯噛む 稲沢進一
   ・・・転ばぬ先の鰯とならむ
 
 今日生きて明日は分からぬ夏の果 井口夏子
   ・・・秋になつたら百歳めざす
 
 こんなにもかいてわたしの汗元気 大林和代
   ・・・汗が出るのは生きてる証拠
 
 盆の家御霊と膳を囲むかな 吉川正紀子
   ・・・お相伴とて吟醸酒など


第六回滑稽俳句協会報年間大賞決定!
 
東京都 八塚一靑
 

「真夜中の突貫工事霜柱」

愛媛県 堀川明子
 

「鼻の穴ばかり見せられ黄水仙」

長野県 横山喜三郎
 

「入試絵馬ぶつかり合うて春疾風」


  
 

ページの先頭へ