2017/3/2更新 | ご利用にあたって |
お問い合わせはこちら 会員専用ポスト


   




   
 

「滑稽俳句集」出版のお知らせ
滑稽俳句集

「俳壇」の滑稽句欄が一冊に! 
平成14年7月号から平成27年
3月号までの全3213句を収録。
初版 全308頁

定価3,000円(税・送料別)

*本の問合せ・注文先
えひめ工芸
〒791-2103 愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4

電話090-8287-1390
FAX 089‐957‐1155

 「俳壇」で連載中の滑稽俳句欄、八木健選による「微苦笑俳壇」の13年間の全作品、3213句が一冊になりました。
「俳句」とは、「滑稽な句」を意味します。俳句の本質は滑稽です。
 明治34年に佐藤紅碌が編んだ滑稽俳句集以来、本格的な滑稽俳句集は、115年ぶりとなります。
  俳句に失われた滑稽を取り戻し、「平成の滑稽」として後世に引き継ぐ歴史的な句集です。

「八木健の川柳アート」第31回愛媛出版文化賞・奨励賞受賞
愛媛新聞の月刊誌「アクリート」で 
大人気の川柳欄の作品、約1000点が、
一冊の本になりました!

定価2500円(税・送料別)

*本の受注・発送
   090-5140-8826(滑稽俳句協会)
   090-8287-1390(えひめ工芸)
 愛媛新聞の月刊誌・「アクリート」で、2005年6月号から「川柳アート」の投稿欄
が始まりました。川柳に滑稽を取り戻すこと。アートをつけて分かりやすくすること。
時事川柳の普及を目指すこと。この三点を目論んでの連載でした。
 この度、第1回から第110回までの10年間に亘り連載された「八木健の川柳アー
ト」の作品およそ1000点をもとに、内容を加筆、追加して一冊の本をつくりました。
 建前に穴をあけて本音を引っ張り出すのが川柳。「穿ち」は川柳の命です。ところ
が、平成の現代、川柳には「穿ち」や質の高い「笑い」が少なくなっています。この
本に掲載されている、穿ちと笑いのある川柳アートとコメントをお楽しみください。

第九回 滑稽俳句大賞 募集要項 
◆応募方法/ 作品は、十句一組で審査します。何組でも応募可。
  メールか封書でご応募ください。
  作品十句、氏名(ふりがな)、〒、住所、電話番号、年齢を明記。
  封書の場合、A4サイズの紙を使用。横使い縦書き。
◆ 賞 / 大賞:一名、五万円。次点:二名、各一万円。
*未発表の作品に限ります。
◆募集期間 / 平成28年11月1日~平成29年1月31日 消印有効
◆投句料/ 一組、二千円。 郵便振込 01600-3-130892 滑稽俳句協会
◆発  表 / 4月下旬、入賞者および会報、ホームページ
◆応募先 / 〒791-2103  愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4   
  滑稽俳句協会 大賞募集係
  メールアドレス  kokkei@kokkeihaikukyoukai.net
  * 応募作品の著作権は主催者に帰属。
◆審査員/ 秋尾敏、池田澄子、上谷昌憲、河村正浩、
  蟇目良雨、冨士眞奈美、八木健




第四回滑稽俳句協会報年間大賞決定!
 
神奈川県 下嶋四万歩
 

「秋行くや七人の敵六人に」

兵庫県 金澤 健
 

「卒業や恩に気付かぬ顔ならべ」

愛媛県 梅岡菊子
 

「切干と呼ぶ大根のなれのはて」


  
 

  

 今月の八木健選 特選句

ごみ袋のやうに出されて日向ぼこ
赤瀬川至安
定年退職後は、権威の逆転現象が起きる。〝ゴミ袋のやうに出されて〟では扱いが優しい。〝ゴミとして掃き出されをり〟はいかがでしょうか。
 
仮の世をこの世とみせて曼珠沙華
稲沢進一
 曼珠沙華の妖しく美しい不思議な魅力の秘密をこの句が解明した。曼珠沙華は「彼岸花」。彼岸こそが本当の世界。仮の世に咲く本物の花なのだ。
 
神ってる黄身二つなる寒卵
壽命秀次
 人知では測り知れぬ現象が起きた時に、「神ってる」と言う。昨年、広島カープの緒方監督が使って話題になった。今年こそ神ってる俳句を作りたい。
 
自動ドア勝手に開き春来たる
稲葉純子
 まだ心の準備ができてないのに春が来た。まるで自動ドアが勝手に開くように、いつの間にか来ていたんだね。「自動ドア春を待ちかね開きけり」。
 
感情を抑へて閉める障子かな
山本 賜
 本当はわざとピシャリと音を立てて閉めたかった。「時々は諍ひもある障子かな」。もちろん、楽しい時もある。「夫婦して笑ひ爆発する障子」。
 
マスクして鼻の低さを思い知る
小川飩太
 川柳は他者を詠む。俳句は自分のことを詠む。自虐ネタですね。眼鏡をかけた時にも感じます。「サングラス鼻の低きを思ひ知る」。




 今月の秀逸句  七七をつけてみました

 雛飾りまだもめてゐる右左  越前春生
   ・・・一年毎に交代しよう
 
 底冷えにトイレの神の呼んでをり 井口夏子
   ・・・暖房便座は温き神様
 
 漁獲量少なき烏賊も高級魚 ひがし愛
   ・・・黒まぐろとも肩を並べむ
 
 あっけらかん臍(ほぞ)噛むことなし雨蛙 泉宗鶴
   ・・・へそくり隠す場所もまた無し
 
 豆浴びた鬼も一緒に鍋つつく 南とんぼ
   ・・・手を取り合つて寛容な世に
 
 猫の屁の目鼻に沁みて置炬燵 伊藤浩睦
   ・・・お前猫とは臭い仲だな
 
 月光の屋根踏み外し浮かれ猫 梅岡菊子
   ・・・人に見られてゐるとも知らず
 
 ぼろ市の火鉢の中に売上金 久松久子
   ・・・たばこの灰を落としてはダメ
 
 寒明や汝今日よりただの鯉 新島里子
   ・・・肩書とれて鯉の悠々
 
 二ン月や早くも会費請求書 奥脇弘久
   ・・・遅れぬように納めて頂戴
 
 ときめききらめきよろめき春愉し 田村米生
   ・・・四段切れの俳句もよろし
 
 啓蟄や地下より人の溢れ出る 西をさむ
   ・・・人数なのに匹で数える
 
 置炬燵本音を言って蹴飛ばされ 青木輝子
   ・・・釘刺されたり締め出されたり

ページの先頭へ