2018/7/10更新 | ご利用にあたって |
お問い合わせはこちら 会員専用ポスト


   




   
 

「滑稽俳句集」出版のお知らせ
滑稽俳句集

「俳壇」の滑稽句欄が一冊に! 
平成14年7月号から平成27年
3月号までの全3213句を収録。
初版 全308頁

定価3,000円(税・送料別)

*本の問合せ・注文先
えひめ工芸
〒791-2103 愛媛県伊予郡砥部町高尾田1173-4

電話090-8287-1390
FAX 089‐957‐1155

 「俳壇」で連載中の滑稽俳句欄、八木健選による「微苦笑俳壇」の13年間の全作品、3213句が一冊になりました。
「俳句」とは、「滑稽な句」を意味します。俳句の本質は滑稽です。
 明治34年に佐藤紅碌が編んだ滑稽俳句集以来、本格的な滑稽俳句集は、115年ぶりとなります。
  俳句に失われた滑稽を取り戻し、「平成の滑稽」として後世に引き継ぐ歴史的な句集です。

「八木健の川柳アート」第31回愛媛出版文化賞・奨励賞受賞
愛媛新聞の月刊誌「アクリート」で 
大人気の川柳欄の作品、約1000点が、
一冊の本になりました!

定価2500円(税・送料別)

*本の受注・発送
   090-5140-8826(滑稽俳句協会)
   090-8287-1390(えひめ工芸)
 愛媛新聞の月刊誌・「アクリート」で、2005年6月号から「川柳アート」の投稿欄
が始まりました。川柳に滑稽を取り戻すこと。アートをつけて分かりやすくすること。
時事川柳の普及を目指すこと。この三点を目論んでの連載でした。
 この度、第1回から第110回までの10年間に亘り連載された「八木健の川柳アー
ト」の作品およそ1000点をもとに、内容を加筆、追加して一冊の本をつくりました。
 建前に穴をあけて本音を引っ張り出すのが川柳。「穿ち」は川柳の命です。ところ
が、平成の現代、川柳には「穿ち」や質の高い「笑い」が少なくなっています。この
本に掲載されている、穿ちと笑いのある川柳アートとコメントをお楽しみください。

第十回滑稽俳句大賞審査結果発表 
  
第十回滑稽俳句大賞の大賞は、堀川明子氏の作品に決定致しました!
◆ 大賞 堀川明子
わが町の絶滅危惧種こいのぼり
運転で決まる田植の上手い下手
梅雨入りの今日は無罪の雨女
日傘さす光合成せぬヒトなれば
水泳が下手で子どもを溺愛す
七夕や短冊に書くエゴイズム
別腹の常連となり薩摩芋
お茶碗を丼に替へ今年米
紙の本なんて呼ばれて文化の日
煩悩の尽くことなしや除夜の鐘




第五回滑稽俳句協会報年間大賞決定!
 
愛知県 伊藤浩睦
 

「猛暑日や金魚の赤く茹で上がる」

神奈川県 下嶋四万歩
 

「ご祝儀を甘噛みしてる獅子頭」

神奈川県 青木輝子
 

「四月馬鹿なによりうまい親の脛」


  
 

  

 今月の八木健選 特選句

素足てふ一部ヌードの解放感
堀川明子
素肌を人目に触れさせることを慎む礼節など今や遠い昔。しかし、作者には恥ずかしさがあるからこそ詠めた一句。「ヌード」の大袈裟が滑稽。
 
ゴールまで横一線や鯉のぼり
白井道義
使われなくなった鯉幟は、田舎のダムや川の上に飾られることとなる。余生を送る鯉幟達は、ここでも競争社会かと口をぱくぱく嘆いている。
 
起し絵の強敵3Dプリンター
高橋きのこ
何と言っても句材の3Dプリンターの新しさがいいね。古い季語「起し絵」との対比で面白い句となった。アナログがデジタルに追い越される悲哀も。
 
陶枕も戸惑う君の石頭
八塚一靑
陶枕は、中に水を入れて使う陶製の夏の冷房枕である。石頭とは、頭蓋骨の硬さのみならず、考え方が硬く融通が利かないことを言外に表現。
 
どくだみを貼つて隠せず臑(すね)の疵
本門明男
「どくだみ」は「十薬」とも言い、十種の薬効があるという。しかし、そのどくだみをもってしても隠せないほどの臑の疵とは、いかなるものであるか。
 
事件です動き出したるソフトクリーム
森岡香代子
ソフトクリームを食べる時は真剣勝負である。溶けて傾き始める前に迅速に対応しなければならない。ほらほら、よそ見してたら落ちますよ。




 今月の秀逸句  七七をつけてみました

 サングラス人畜有害装へる  桑田愛子
   ・・・悪ぶることにちよつと憧れ
 
 ふりちんを追ひかけてゐる天瓜粉 小林英昭
   ・・・子どもの頃はみんな可愛い
 
 雲の峰関八州を睥睨す 小川飩太
   ・・・天網恢恢疎にして漏らさず
 
 母の日のいつしか婆の日となりぬ 赤瀬川至安
   ・・・分からぬことはこの婆に訊け
 
 まごころのなしと嘆きぬ竹夫人 荒井良明
   ・・・竹には竹の心あるらむ
 
 甚平着て世渡り下手の齢重ね 越前春生
   ・・・あとの後悔先には立たず
 
 世に生れる前に筍斬首とは 相原共良
   ・・・ああ人間の恐ろしきこと
 
 サングラスはずしバーゲン品定め 青木輝子
   ・・・サングラスでは値札が読めぬ
 
 ぼうふらの鳴かず飛ばずを脱皮せり 柳 紅生
   ・・・脱皮したとて声の蚊細き
 
 風鈴に風の好みのありにけり 田村米生
   ・・・我儘言つて鳴らぬ風鈴
 
 折々は顔も替えたい更衣 有冨洋二
   ・・・内閣改造するがごとくに
 
 ブルドーザー丸ごと洗ふ大夕立 稲葉純子
   ・・・水道代が大助かりで
 
 米朝のプラスマイナスはたた神 井口夏子
   ・・・はつたりかます似た者同士

ページの先頭へ